藤原雅正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原雅正
時代 平安時代中期
生誕 未詳
死没 応和元年(961年
官位 従五位下刑部大輔
主君 村上天皇
氏族 藤原北家良門
父母 父:藤原兼輔、母:未詳
兄弟 雅正清正守正庶正公正桑子
藤原定方の娘
為頼為長為時平維将
テンプレートを表示

藤原 雅正(ふじわら の まさただ)は、平安時代中期の貴族歌人藤原北家良門流、中納言藤原兼輔の長男。官位従五位下刑部大輔

概要[編集]

官位には恵まれず、位階は従五位下に留まり、刑部大輔や周防豊前守を歴任したことが知られているのみである。

父・兼輔とともに紀貫之との親交で知られている他、伊勢大輔とも交流があった。『後撰和歌集』に7首採録されている他[1]藤原基俊撰集の『新撰朗詠集』にも採録されている。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『勅撰作者部類』
  2. ^ 紫式部は孫に当たる(藤原為時の娘)。
  3. ^ 維将は平将門を討伐した平貞盛の次男で、後に平清盛を輩出する伊勢平氏の祖となる平維衡の兄である。