後撰和歌集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
後撰和歌集 巻十二

後撰和歌集』(ごせんわかしゅう)は、村上天皇の下命によって編纂された二番目の勅撰和歌集。体裁は『古今和歌集』に倣い、春(上・中・下)、夏、秋(上・中・下)、冬、恋(六巻)、雑(四巻)、離別(附 羇旅)、賀歌(附 哀傷)の二十巻からなり、総歌数は1425首。離別歌と羇旅歌とを、賀歌と哀傷歌とを併せて収めた所が独特である。

成立[編集]

後撰和歌集には、古今和歌集のような序文が付されていないため、その成立年時は不明である。だが、天暦5年(951年)10月、宮中の昭陽舎(梨壺)に撰和歌所が置かれ、その寄人に任命された源順大中臣能宣清原元輔坂上望城紀時文(以上、梨壺の五人)が中心となって『万葉集』の訓詁と新たな勅撰集の編纂に当たり、藤原伊尹が別当となってそれを統括した旨、史書[1][2]に見えるので、遅くとも天暦末年には奏覧されたと見られる。奥村恒哉[3]は、作者名の表記の仕方から、天暦9年から天徳2年(958年)の間に成立したとする。また山口博[4]は、天暦7年(953年10月28日に皇太后藤原穏子により昭陽舎で菊合が開かれており、穏子は翌年昭陽舎で没していることから、その頃には完成していたとしている。しかしいずれの説も定説とはなっていない。

また、序文がないことや詞書が物語的であること、部立てと配列の乱れ、歌の重出などから、後撰和歌集が「未定稿」であったとする説が古来からあり、藤原清輔北村季吟、中山美石などが主張している。村瀬敏夫[5]は、天徳4年(960年9月23日内裏の火災があり、その際に奏覧本(正式な本)が炎上したために、草稿本が流布し後世に伝来したのではないかとしている。

特色[編集]

前代の古今集と違うのは、撰者の歌がない点である。『古今集』撰進から四十余年しか経っていないこともあり、紀貫之(81首)・伊勢(72首)・藤原兼輔(24首)ら、古今時代の歌人が再び主役を演じた。入集を果たした当代歌人の中で、上位は藤原師輔・同実頼・同敦忠などで、権門の作が多く採られているが、中務右近ら当代の女流歌人の活躍も見られる。また、歌物語の影響を受けてか、詞書が長文化した。これについては上記のように「未定稿」であるため、物語的な詞書が残ったとする見解がある[6]宇多法皇藤原時平仲平と伊勢との間の贈答をはじめとする贈答歌など、貴人の日常生活に基づいた「褻(け)の歌」が多いのもこの集の特色である。

脚注[編集]

  1. ^ 源順『本朝文粋 巻十二 奉行文』、pp.342。新日本古典文学大系本。
  2. ^ 「後撰和歌集 藤原定家天福2年書写本書入定家勘物」、p.443、新日本古典文学大系本。
  3. ^ 奥村恒哉校注・解説「八代集 1」、平凡社東洋文庫参照。
  4. ^ 山口博「王朝歌壇の研究」がある、桜楓社。
  5. ^ 村瀬敏夫には「平安朝歌人の研究」がある。新典社研究叢書、1994年。
  6. ^ 片桐洋一 (1990)

参考文献[編集]

関連項目[編集]