源等

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源 等
Hyakuninisshu 039.jpg
源等
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 元慶4年(880年
死没 天暦5年3月10日(951年4月18日
別名 参議等
官位 正四位下参議
主君 醍醐天皇朱雀天皇村上天皇
氏族 嵯峨源氏弘流
父母 父:源希、母:不詳
兄弟 号、
不詳
斉、済、学、愸、藤原敦忠室、藤原令茂室
テンプレートを表示

源 等(みなもと の ひとし)は、平安時代前期から中期にかけての公卿嵯峨源氏中納言源希の次男。官位正四位下参議小倉百人一首では参議等

経歴[編集]

醍醐朝初頭の昌泰2年(899年近江権少掾に任官すると、主殿助を経て、延喜4年(904年従五位下叙爵し、延喜5年(905年大蔵少輔に任ぜられる。延喜7年(907年三河守に遷ると、丹波守美濃権守備前守と地方官を歴任し、この間に治国の功労により延喜12年(912年従五位上、延喜23年(923年正五位下に昇叙され、同年10月には左中弁に補任されている。醍醐朝末の延長8年(930年従四位下に昇叙された。

朱雀朝では、大宰大弐弾正大弼山城守勘解由長官を歴任し、天慶6年(943年従四位上、天慶8年(945年右大弁に叙任される。

村上朝初頭の天暦元年(947年参議に任ぜられ公卿に列す。天暦5年(951年)正月に正四位下に昇叙されるが、同時に議政官として兼帯していた右大弁・勘解由長官・讃岐守官職を全て辞任し、同年3月10日に薨去享年72。最終官位は参議正四位下。

人物[編集]

本阿弥光悦作『舟橋蒔絵硯箱』(国宝東京国立博物館所蔵)蓋
「東路の」の歌の文字の形に切りだした銀板を蓋の全面に散らすが「舟橋」の2字をあえて省き、鉛板で表した橋の図をもって意を示す[1]

勅撰歌人として『後撰和歌集』に4首が採録されている。そのうち「東路の 佐野の舟橋 かけてのみ 思ひわたるを 知る人ぞなき」(恋二 619)は、本阿弥光悦作『舟橋蒔絵硯箱』の蓋の意匠に取り入れられたことで知られる[1]

  • 『小倉百人一首』
    • 39番 浅茅生(あさじふ)の 小野の篠原 忍ぶれど あまりてなどか 人の恋しき(『後撰和歌集』恋一 577)[2]

官歴[編集]

公卿補任』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 舟橋蒔絵硯箱”. e国宝. 国立文化財機構. 2022年3月25日閲覧。
  2. ^ 古今和歌集』巻十一「浅茅生の 小野の篠原 しのぶとも 人知るらめや 言ふ人なしに」(よみ人しらず)を本歌取りしたもの。
  3. ^ 或いは備前守
  4. ^ 或いは29日
  5. ^ 或いは1日

参考文献[編集]

  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第三篇』吉川弘文館、1987年

関連項目[編集]