百人秀歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

百人秀歌』(ひゃくにんしゅうか)は、藤原定家の撰による歌集である。1951年有吉保によって存在が明らかになった。

同じく定家撰の『百人一首』の後に記された物であると言われている。『百人一首』が1首ずつ年代順に記されているのに対し、『百人秀歌』は2首で1組という構成になっている。

『百人一首』に記されている100の歌と比べると、98人の歌人による97首の歌が一致しているが、3首は異なり、1首多く合計101首の歌がある。なぜこんな事をしたのかは定かではないが、承久の乱を計画し鎌倉幕府に流罪処分を受けていた最中の後鳥羽院の歌がはじめに発表された『百人一首』にあり、後の『百人秀歌』にない事から、『百人秀歌』は定家の政治的配慮がこめられていた『百人一首』の修正版ではないかとの説がある。これとは逆に、採られている歌の相違点を比較すると『百人秀歌』の方が古態を留めていると考えられるケースが多いことから、本書は『百人一首』の原撰本(プロトタイプ)であると言う説も存在する。

写本は宮内庁書陵部に現存する。

小倉百人一首との主な相違点[編集]

  • 後鳥羽院(99)・順徳院(100)の歌が無く、代わりに一条院皇后宮権中納言国信権中納言長方の歌が採録されている。
  • 源俊頼(74)の歌が百人一首の「うかりける…」ではなく、別の歌(山桜 咲きそめしより…)である。
  • その他、同じ歌でも細部が異なっており、秀歌の方が古態を留めている場合が多いと見られる。以下に主な例を挙げる。
(10)蝉丸
(秀歌)これやこの 行くも帰るも 別れつつ 知るも知らぬも 逢坂の関
(一首)これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関
(14)河原左大臣
(秀歌)みちのくの 忍ぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れむとおもふ 我ならなくに
(一首)みちのくの 忍ぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに
(55)大納言公任
(秀歌)瀧の音は たえて久しく 成りぬれど 名こそ流れて なほとまりけれ
(一首)瀧の音は たえて久しく 成りぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ
(77)崇徳院
(秀歌)瀬をはやみ 岩にせかるゝ 瀧川の われて末にも あはむとそおもふ
(一首)瀬をはやみ 岩にせかるゝ 瀧川の われても末に あはむとそおもふ