赤染衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤染衛門 『前賢故実』より
赤染衛門
(小倉百人一首より)
『やすらはで寝なましものを 小夜ふけて かたふく迄の月を見しかな』(月岡芳年『月百姿』)

赤染衛門(あかぞめえもん、天暦10年(956年)頃? - 長久2年(1041年)以後)は、平安時代中期の女流歌人大隅守赤染時用の娘。中古三十六歌仙[1]女房三十六歌仙の一人。

経歴[編集]

赤染衛門は赤染時用の娘とされる[2]。しかし『袋草紙』には、赤染衛門の母親は前夫の平兼盛の子どもを宿した状態で時用と再婚し、赤染衛門を出産したとする記述がある[1]。その後、平兼盛は娘の親権を巡り、裁判を起こしたと伝わる[1]。兼盛は敗訴したという[要出典]

赤染衛門は文章博士大江匡衡と貞元年中(976~978)に結婚する[1]。大江匡衡と赤染衛門はおしどり夫婦として知られており、仲睦ましい夫婦仲より、匡衡衛門と呼ばれたという[3]。大江匡衡との間に大江挙周江侍従などを設けた[1]藤原教通との間にも娘がいたとされる[1]。赤染衛門は源雅信邸に出仕し、藤原道長の正妻である源倫子とその娘の藤原彰子に仕えており、紫式部和泉式部清少納言伊勢大輔らとも親交があった[1]。匡衡の尾張赴任にも共に下向し、夫を支えた[1]。また、子の挙周の和泉守への任官に尽力して成功させ[1]、任期を終えた挙周が病に罹った際には住吉明神に和歌を奉納し病を平癒に導いた話[1][4]など、母としての像も鮮やかである[5]長和元年(1012年)に夫・大江匡衡が逝去した後は、信仰と子女の育成に尽くしたという[要出典]

長元8年(1035年)関白左大臣頼通歌合出詠[1]長久2年(1041年)弘徽殿女御生子歌合出詠[1]。同年、曾孫の誕生を言祝ぐ和歌を詠んだ後、消息が途絶える[1]。晩年、藤原頼通の求めに応じて、自撰歌集を献上したことが知られる[1]

歌風[編集]

拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に93首が入集[6]。その歌風は『古今和歌集』の歌風を忠実に継承し、理知的で優美な詠風を示す[1]

平安時代中期において活躍した女流歌人として、和泉式部と並び称されている。『俊頼髄脳』では赤染衛門よりも和泉式部が高く評価されたが、鴨長明無名抄』では赤染衛門の方が高く評価された[1]

文学作品[編集]

和歌[編集]

姉妹のもとに通っていた藤原道隆が訪れなかったため、姉妹の為、和歌代作した。
  • 下記説話に関連する歌
    • 代わらむと 祈る命は をしからで さてもわかれんことぞ悲しき (『詞花和歌集』雑下362)
【現代語訳】(息子に)代わり、死んであげたい、と祈る私の命は惜しくはないけれど、その祈りが叶うなら(息子の大江挙周と)別れることになるのは、悲しい。
  • 今昔秀歌百撰三十二番に選ばれている。選者:高橋秀(御茶の水女子大學大學院)

説話[編集]

息子の大江挙周が重病を患っていた際、「大江挙周の重病の原因は住吉神社による祟りではないか」との話を見聞したことから、赤染衛門は挙周の快方を祈願して、「代わらむと 祈る命は をしからで さてもわかれんことぞ悲しき」との和歌住吉神社祭殿奉納した。赤染衛門の挙周への祈念が、住吉神社の祭神に聞き入れられ、挙周の重病は根治したという。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 日本古典文学大辞典編集委員会 『日本古典文学大辞典第1巻』岩波書店、1983年10月、16-17頁。 
  2. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 11頁。
  3. ^ 紫式部日記
  4. ^ 今昔物語』、『古今著聞集』などほか
  5. ^ 柴佳世乃「赤染右衛門」(小野一之鈴木彰谷口榮樋口州男編 『人物伝小辞典 古代・中世編』 東京堂出版 2004年 2ページ)
  6. ^ 勅撰作者部類

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]