国立文化財機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
独立行政法人国立文化財機構
正式名称 独立行政法人国立文化財機構
英語名称 National Institutes for Cultural Heritage
組織形態 独立行政法人
所在地 日本の旗 日本
〒110-0007
東京都台東区上野公園13番9号
資本金 1,047億1,381万3,740円(2015年3月31日現在)
負債 87億7,958万4,962円(2015年3月31日現在)
人数 役員6人(理事長1、理事3、監事2)・常勤職員332人(2015年3月31日現在)
理事長 佐々木丞平
目的 貴重な国民的財産である文化財の保存及び活用を図ること
設立年月日 2007年4月1日
前身 独立行政法人国立博物館
独立行政法人文化財研究
所管 文化庁
保有施設 東京国立博物館
京都国立博物館
奈良国立博物館
九州国立博物館
東京文化財研究所
奈良文化財研究所
アジア太平洋無形文化遺産研究センター
提供サービス e国宝
ウェブサイト http://www.nich.go.jp
テンプレートを表示

独立行政法人国立文化財機構(こくりつぶんかざいきこう、英:National Institutes for Cultural Heritage)は、文化庁所管の中期目標管理法人たる独立行政法人

概要[編集]

独立行政法人国立博物館独立行政法人文化財研究所が統合して2007年4月に設置された。役職員は非公務員型。法人本部所在地は東京国立博物館内。主務大臣は、文部科学大臣。文部科学省内における所掌部署は、文化庁文化財部美術学芸課美術館・歴史博物館室。

有形文化財を収集・保管し国民の観覧に供するとともに、調査・研究により文化財の保存と活用を図ることを目的としている(独立行政法人国立文化財機構法第3条「機構の目的」より)。

傘下の施設は次のとおり。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]