藤原道信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原道信
Hyakuninisshu 052.jpg
藤原道信朝臣(『小倉百人一首』より)
時代 平安時代中期
生誕 天禄3年(972年
死没 正暦5年7月11日994年8月20日
官位 従四位上左近衛中将
氏族 藤原北家九条流
父母 父:藤原為光、母:藤原伊尹の娘
兄弟 誠信斉信忯子道信公信
正室:藤原遠量の娘[1]
テンプレートを表示

藤原 道信(ふじわら の みちのぶ)は、平安時代中期の公家歌人太政大臣藤原為光の三男。中古三十六歌仙の一人。

経歴[編集]

寛和2年(986年)伯父・兼家養子として淑景舎にて元服し、従五位上直叙。同年侍従に任ぜられる。寛和3年(987年右兵衛佐永延2年(988年左近衛少将正暦2年(991年)左近衛中将と武官を歴任。正暦5年(994年)正月には従四位上に叙されたが、同年7月11日に当時流行していた天然痘により卒去享年23。

人物[編集]

非常に和歌に秀で、奥ゆかしい性格と評されたという[2]。懸想し恋文を贈った婉子女王為平親王の娘)が藤原実資に嫁してしまったのちに詠んだ和歌が『大鏡』に伝わる[3]。また、藤原公任実方信方などと親しかった。『拾遺和歌集』(2首)以下の勅撰和歌集に49首が入首している[4]。家集に『道信朝臣集』がある。

「明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな」 — 『後拾遺和歌集』恋二672

官歴[編集]

『中古歌仙三十六人伝』による。

脚注[編集]

  1. ^ 栄花物語』巻第四,みはてぬゆめ
  2. ^ 大鏡』第三巻,太政大臣為光 恒徳公
  3. ^ 大鏡』第三巻,右大臣師輔
  4. ^ 『勅撰作者部類』