二条院讃岐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
二条院讃岐 - 土佐光貞画 芝山持豊筆 文化五年版百人一首

二条院讃岐(にじょういんのさぬき、生没年不詳:1141年(永治元年)頃 - 1217年(建保5年)以降)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての歌人である。女房三十六歌仙の一人。父は源頼政。母は源斉頼の娘。同母兄に源仲綱があり、従姉妹に宜秋門院丹後がある。内讃岐中宮讃岐とも称される。

経歴[編集]

二条天皇即位と同じ頃に内裏女房として出仕、1159年(平治元年、19歳頃)以降度々内裏和歌会(「内の御会」)に出席し、内裏歌壇での評価を得た[1]。この時期の歌が、俊恵『歌苑抄』に代表作[* 1]として言及されている。

この後、二十代半ばから四十代後半にかけての讃岐の動静については、大きく分けて二説あり、両説の隔たりは大きい。

  • 先行研究説(『尊卑分脈』の系図注記[* 2]に基づく説):二条院に最後まで仕え、崩御後に藤原重頼と結婚、重光・有頼らの母となった。1190年(建久元年)頃、後鳥羽天皇中宮宜秋門院任子に再出仕。
  • 新(伊佐迪子)説[1](主に『玉葉』等の記録に基づく説):1163年(長寛元年)頃内裏女房を退き、1165年(永萬元年)頃から皇嘉門院に出仕。この間、歌林苑での活動を継続。1174年(承安4年)より九条兼実家女房。兼実の同居妻となる。1187年(文治2年)より同家「北政所」と称する。1190年同家の姫君任子が後鳥羽天皇の中宮として入内、讃岐は中宮女房としてではなく、引続き九条家を切盛りしている。

1172年(承安2年、32歳頃)に『歌仙落書』で高く評価[* 3]される等、歌壇とのつながりは保っていたようだが、1200年(正治2年、60歳頃)の初度百首で数十年ぶりに歌壇への本格復帰を果たした。この頃には既に出家している。晩年には父頼政の所領であった若狭国宮川保地頭職を継いでいる他、伊勢国の所領をめぐる訴訟で高齢を押して鎌倉出訴[2]の旅に出る等の事跡もある。これらを縫って歌人としての活動は継続し、1216年(建保4年、76歳頃)の『内裏歌合』まで健在だったことが確認できる。『千載和歌集』以降の勅撰集、『続詞花集』・『今撰集』等の私撰集、家集『二条院讃岐集』等に作品を残している。

逸話[編集]

  • 二条院崩御の翌1166年(仁安元年)、『後白河院当座歌合』の場での、内裏歌合のベテランらしい讃岐の立振舞が伝えられている。

金吾の口伝のうちに 女房の故実に 兼日の懐紙なき時は 後白河院の仁安御歌合
当座にて侍りけるに 讃岐参たりけるに 扇をさし出して題をたまはりけるとかや
まことにある中にきはもたちて いみじく見えたりけるとなん申侍り

— 藤原定家 『愚秘抄』
  • 「世にふる」の系譜:二条院讃岐の[3]

  千五百番歌合に 冬の歌                    二条院讃岐
世にふるはくるしき物をまきのやに やすくも過る初時雨哉

— 『新古今和歌集』 巻第六 冬歌
は、延々と続く本歌取りのもととなった[* 4]。「恋愛に鬱屈しているところへ、恋人は訪れず代りにしぐれの雨が過ぎていった、という恋歌の風情を纏綿させている、『ふる』の使いわけに、歌の中心がある」[4]というのは、浅い読みで、人事と自然の対比にこそ「歌の中心」があると言うべき[5]という。後続の歌[6]

  崇徳院に百首の歌奉りける時 落葉の歌とてよめる 皇太后宮大夫俊成
まはらなる槙の板やに音はして もらぬ時雨や木葉なるらん

  閑居聞霰といへる心を読侍ける             左近中将良経
さゆる夜の真木の板屋の独ねに 心くたけと霰ふるなり

— 『千載和歌集』 巻第六 冬歌
この二条院讃岐の歌は、さまざまな連歌・俳諧に取り入れられていった。

世々ふるもさらに時雨のやどり哉 - 後村上院
雲はなほ定めある世のしぐれかな - 心敬
世にふるもさらに時雨のやどりかな - 宗祇
時雨の身いはゞ髭ある宗祇かな - 素堂
世にふるも更に宗祇のやどり哉 - 芭蕉
世にふるもさらに祇空のやどりかな - 淡々
世にふるはさらにはせをの時雨哉 - 井上士朗
時雨るゝや吾も古人の夜に似たる - 蕪村

作品[編集]

勅撰集
歌集名 作者名表記 歌数 歌集名 作者名表記 歌数 歌集名 作者名表記 歌数
千載和歌集 二条院讃岐
讃岐
 3
 1
新古今和歌集 二条院讃岐 16 新勅撰和歌集 二条院讃岐 13
続後撰和歌集 二条院讃岐  3 続古今和歌集 二条院讃岐  6 続拾遺和歌集 二条院讃岐  2
新後撰和歌集 二条院讃岐  3 玉葉和歌集 二条院讃岐  8 続千載和歌集 二条院讃岐  4
続後拾遺和歌集 二条院讃岐  3 風雅和歌集 新千載和歌集 二条院讃岐  1
新拾遺和歌集 二条院讃岐  3 新後拾遺和歌集 二条院讃岐  1 新続古今和歌集 二条院讃岐
二条院さぬき
 3
 1
定数歌歌合
名称 時期 作者名表記 備考
別雷社歌合 1178年(治承2年) 二条院讃岐 父と共に出詠
禁中中宮歌合 1194年(建久5年) 讃岐 頼政女
民部卿家歌合 1195年(建久6年)3月3日 中宮讃岐
正治初度百首 1200年(正治2年) 讃岐 二条院女房
新宮撰歌合 1201年(建仁元年)3月 讃岐 二条院官女頼政女 勝1
和歌所影供歌合 1201年(建仁元年)8月3日 女房讃岐 藤原俊成と番い負5無判1
八月十五夜撰歌合 1201年(建仁元年) 讃岐 負4
千五百番歌合 1202年(建仁2年) 讃岐
内裏百番歌合 1216年(建保4年)閏6月9日 二条院讃岐 久我通光と番い負9持1
私撰集
  • 三百六十番歌合(1200年(正治2年))
    • 「讃岐 宜秋門院女房」名で12首
私家集
  • 『二条院讃岐集』(真観本)(鎌倉時代中期写本 冷泉家時雨亭文庫 重要文化財

百人一首[編集]

  • 92番

  寄石恋といへる心を                 二条院讃岐
わか袖は塩干に見えぬ沖の石の 人こそしらねかはくまもなし

— 『千載和歌集』 巻第十二 恋歌二
「沖の石の讃岐」はこの歌[7]によりつけられた異名である。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 俊恵が哥苑抄の中には 一夜とて夜離れし床の小筵に やがても塵の積りぬる哉 是をなんおもて哥と思ひ給ふるはいかヾ侍らんとぞ(鴨長明 『無名抄』 代々恋歌秀歌事)
  2. ^ 重光と有頼の母について「従三位頼政女二条院讃岐」と記されている。
  3. ^ 「風體艶なるを先として いとほしきさまなり 女のうた かくこそあらめと あはれにも侍るかな」
  4. ^ 歌意は「世の中を、人と関わり合いながら生きてゆくのは、苦しいものだわ。そんな思いで冬の夜を過ごしていたら、槙で葺いた屋根を叩いて初時雨が通り過ぎていった。辛い思いをしている人の家の上を、なんとまあやすやすと過ぎてゆく雨だこと。」という意味である。

出典[編集]

  1. ^ a b 伊佐(参考文献)
  2. ^ 『吾妻鏡』 承元元年十一月十七日条
  3. ^ 『新古今和歌集』 巻第六 冬歌 00590
  4. ^ 『岩波古典大系』の注
  5. ^ 水垣久『千人万首』より
  6. ^ 『千載和歌集』 巻第六 冬歌 00403,00444
  7. ^ 『千載和歌集』 巻第十二 恋歌二 00759

参考文献[編集]