周防内侍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
周防内侍
(『大日本國風會編小倉百人一首』)

周防内侍(すおうのないし、1037年長暦元年)頃 - 1109年天仁2年)以後 1111年天永2年)以前)は、平安時代後期の歌人である。女房三十六歌仙の一人。本名は平 仲子(たいらの ちゅうし)。掌侍 正五位下に至る。父は「和歌六人党」の一人、桓武平氏周防守 従五位上 平棟仲。母は加賀守 従五位下 源正軄の女で、後冷泉院女房となり小馬内侍[1]と呼ばれた者だという。

来歴[編集]

はじめ後冷泉天皇に出仕、治暦4年(1068年)春の崩御後は家でふさぎこんでいた[2]が、後三条天皇即位により7月7日から再出仕せよとの命を受け[3]、以後白河天皇堀河天皇に至る4朝に仕えた。歌合等にも度々参加し、公家・殿上人との贈答歌も残されている。『後拾遺和歌集』以降の勅撰集、家集『周防内侍集』等に作品を残す。天仁元年(1108年)以後、病のため出家、天永2年(1111年)までの間に没したようである。

逸話[編集]

  • 住んでいた家を人手に渡して退去する際、柱に書き付けたという歌が『金葉和歌集』に採られている[4]

 家を人にはなちてたつとて 柱にかきつけ侍りける  周防内侍 住わひて我さへ軒の忍ふ草 しのふかたかたしけきやとかな

— 『金葉和歌集』 巻第九 雑部上
寂超[5]鴨長明[6]藤原信実[7]らの残した文献によると、この家は少なくとも建久年間(1190年代)まで荒廃したまま残っていた。その場所は冷泉堀川北西角で、柱には確かに「我さへ軒のしのふ草」の歌が書き付けてあったという。一種の旧跡・名所のようになっていたようで[* 1]、実際に西行もこの周防内侍旧宅の言わば見学ツアーに参加している[8]

 周防内侍 われさへのきの とかきつけけるふるさとにて 人人思ひをのへける  西行 いにしへはついゐしやともあるものを なにをかけふのしるしにはせん

— 『山家集』 巻中 雑
  • 郁芳門院が主催した根合において周防内侍が詠んだ歌[9]

 郁芳門院根合に恋のこゝろをよめる  周防内侍 恋わひてなかむる空のうき雲や 我したもえの煙なるらん

— 『金葉和歌集』 巻第八 恋歌下
は、良い歌だと評判になったが、一部には煙が死を暗示する不吉な歌だと非難する者もあった。作者である周防内侍に凶事が起こるのかと思われたが、女院のほうが若くして世を去ってしまった。『俊頼髄脳』や『袋草子』のような歌論書がこの逸話を取り上げている[10]ことから、この歌と女院の早世に因果関係があるかのように[* 2]人々の噂として語られていたと考えられる。
  • 近世になって百人一首の普及と共に、周防内侍とその歌に関する逸話は大衆化し、彼女の機知や思慮深さを称賛する記述が多く見られるようになり[* 3]、さらには彼女と藤原忠家をめぐる恋愛譚に発展し[* 4]元禄年間に江戸で流行した土佐浄瑠璃の作品『周防内侍美人桜』の成立に至った。

作品[編集]

勅撰集
歌集名 作者名表記 歌数 歌集名 作者名表記 歌数 歌集名 作者名表記 歌数
後拾遺和歌集 周防内侍  4 金葉和歌集 周防内侍  4 詞花和歌集 周防内侍  3
千載和歌集 内侍周防
周防内侍
 2 新古今和歌集 周防内侍  5 新勅撰和歌集 周防内侍  3
続後撰和歌集 周防内侍  1 続古今和歌集 続拾遺和歌集 周防内侍  3
新後撰和歌集 玉葉和歌集 周防内侍  2 続千載和歌集
続後拾遺和歌集 周防内侍  1 風雅和歌集 新千載和歌集 周防内侍  3
新拾遺和歌集 周防内侍  1 新後拾遺和歌集 周防内侍  2 新続古今和歌集 周防内侍  2
定数歌歌合
名称 時期 作者名表記 備考
郁芳門院根合 寛治7年(1093年)
高陽院歌合 寛治8年(1094年)
前関白師実家歌合 嘉保元年(1094年)
鳥羽殿前栽合 嘉保2年(1095年)
中宮権大夫能実歌合 永長元年(1096年)
備中守仲実女子根合 康和2年(1100年)
堀河院艶書合 康和4年(1102年)
私家集
  • 『周防内侍集』 (藤原俊成筆 重要文化財) 96首
その他
  • 栄花物語』は、複数の女房によって書き継がれたという説があるが、続編の作者の一人として、周防内侍の名も挙げられている[11]

百人一首[編集]

  • 67番

 二月はかり 月のあかき夜 二条院にて人々あまたゐあかして物語なとし侍けるに
 内侍周防よりふして 枕をかなとしのひやかにいふを聞て 大納言忠家 是を枕にとて
 かひなをみすの下よりさし入て侍けれは読侍ける  周防内侍
春のよの夢はかりなる手枕に かひなくたゝむ名こそをしけれ

— 『千載和歌集』 巻第十六 雑歌上
二条院で貴族たちが語らっていた夜、ふと疲れた周防内侍が「枕がほしい」と言ったところ、藤原忠家が「これを枕に」と御簾の下から腕を差し出してきたため詠んだ歌[12]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ まだその家は、のこりて、その哥も侍るなり。みたる人のかたり侍りしは、いとあはれにゆかしく、その家は、かみわたりに、いづことかや。冷泉ほりかはのにしと北とのすみなるところとぞ人は申しし。おはしまして御らんずべきぞかし。(J-TEXTS 日本文学電子図書館 『今鏡読本』 巻十
  2. ^ ほどなく院、かくれおはしまして後にぞ、哥よみの内侍は、久しくありて、かくれはべりにし。かやうの事は、よしなき事なれども、これらを御覧じて、御心つかせ給ん料也。人にみせさせ給まじきなり。(『俊頼髄脳』)
  3. ^ 『女郎花物語』 万治4年(1661年)刊、『本朝女鑑寛文元年(1661年)刊、『百人一首一夕語』 天保4年(1833年)刊等(鳥居(参考文献))。
  4. ^ 『名女情比』 延宝9年(1681年)刊、『本朝美人鑑』 貞享4年(1687年)刊等(鳥居(参考文献))。

出典[編集]

  1. ^ 『後拾遺集勘物』
  2. ^ 『後拾遺和歌集』 第十 哀傷 00562
  3. ^ 『後拾遺和歌集』 第十五 雑一 00889
  4. ^ 『金葉和歌集』 巻第九 雑部上 00629
  5. ^ 『今鏡読本』 第十 敷島の打聞
  6. ^ 『無名秘抄』 群書類従 巻第二百九十四
  7. ^ 今物語』 三九 群書類従 第四百八十三
  8. ^ 『山家集』 巻中 雑 00799
  9. ^ 『金葉和歌集』 巻第八 恋歌下 00464
  10. ^ Villa(参考文献)
  11. ^ 野村(参考文献)
  12. ^ 『千載和歌集』 巻第十六 雑歌上 00962

参考文献[編集]

関連項目[編集]