藤原公任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原公任
Fujiwara no Kinto.jpg
時代 平安時代中期
生誕 康保3年(966年
死没 長久2年1月1日1041年2月4日
別名 四条大納言(号)
官位 正二位、権大納言
氏族 藤原北家小野宮流
父母 父:藤原頼忠、母:厳子女王(代明親王の娘)
兄弟 公任頼任
正室:昭平親王の娘
定頼、良海、任入、藤原教通室、藤原遵子の養女
テンプレートを表示

藤原 公任(ふじわら の きんとう)は、平安時代中期の公卿歌人関白太政大臣藤原頼忠の長男。小倉百人一首では大納言公任

経歴[編集]

祖父・実頼、父・頼忠ともに関白・太政大臣を務め、母(醍醐天皇の孫)・妻(村上天皇の孫)ともに二世の女王。また、いとこに具平親王右大臣藤原実資、書家藤原佐理がおり、政治的にも芸術的にも名門の出である。関白の子として、天元3年(980年)に清涼殿にて円融天皇出御の元で元服して、異例の正五位下に叙せられるなど、将来が期待されていた。理髪は藤原遠度、加冠は左大臣源雅信が務めたが[1]、天皇自ら加冠したともされる[2]。同年7月に侍従に任ぜられる。

天元4年(981年従四位下、天元5年(982年)従四位上と順調に昇進し、同年には姉の遵子が円融天皇の皇后に立てられている。遵子の立后後初めての参内に従った公任は、藤原兼家の邸宅(東三条殿)の前を通り過ぎる際に、女御のままであった兼家の娘の詮子のことについて「この女御は、いつか后にはたちにたまふらむ」との失言を放っている[3]。その後も、永観元年(983年左近衛権中将寛和元年(985年正四位下に叙任されるなど、円融朝から花山朝にかけて昇進を続けた。

しかし、寛和2年(986年一条天皇即位に伴って、父の頼忠は関白を辞任して藤原兼家が摂政となり、政治の実権が小野宮流から九条流に移る。同年7月には一条天皇の生母として皇太后となった藤原詮子の参内に公任が供奉していたところ、進内侍に「御妹の素腹の后は、いづくにかおはする」と揶揄され、以前の失言の仕返しをされている[3]。また、兼家の息子で同い年の藤原道長はこの時点で従五位下の位階にあったが、翌永延元年(987年)には一挙に従三位まで昇進し、公任は瞬く間に位階を追い越されてしまっている。なお、寛和2年(986年)10月に行われた円融上皇の大井河遊覧では、大井川漢詩和歌・管弦の3艘の舟に名人を乗せて芸を競わせたが、公任は源相方とともに3舟に併せ乗る名誉を得た[4]

永延3年(989年蔵人頭(頭中将)に任ぜられるが、この頃には公任の昇進は相当に停滞しており、同時期に蔵人頭を務めた藤原懐忠(1年4ヶ月)・藤原道頼(1年3ヶ月)・藤原伊周(5ヶ月)らが早々に参議として公卿に昇っていく中で、公任は3年半の間蔵人頭に留め置かれる。正暦2年(991年)9月には参議の欠員が発生したにも関わらず公任の任官は見送られ、翌正暦3年(992年)8月になってようやく参議として公卿に列したが、一方で近衛中将を免ぜられている。このような昇進状況に対して公任は相当の不満が溜まっていたらしく[5]、正暦4年(993年)関白・藤原道隆を始め藤原氏の公卿ほぼ全員が供奉した一条天皇の大原野神社への行幸に不参する事件を起して、一時勅勘を蒙り参内を止められている[6]。このように公任は執政の道隆に対して不満を持つ一方、同じく道隆に反発していた道隆の弟の道兼とは親密であり、正暦5年(994年)には道兼の養女(実は昭平親王の娘)と結婚している[7]

なお、長徳年間(996年999年)頃には私撰和歌集『拾遺抄』を撰しているが、『拾遺抄』は花山上皇が将来勅撰和歌集(『拾遺和歌集』)を編纂する際の目安として、公任に編纂を命じられたと想定されている。当時、和歌の大家であった清原元輔平兼盛大中臣能宣藤原仲文らは既に没し、生存中の藤原長能源重之は地方に下っているなど、歌壇は極度の人材不足に陥っていたため、まだ30歳前半であった公任が撰者を命じられたと見られるが、結果的にこれが公任を歌壇の第一人者にのし上げることになった[8]

長徳元年(995年)の赤斑瘡の大流行や長徳2年(996年)の長徳の変を経て執政の座は藤原道長に移る。長徳5年(999年)公任は14年ぶりに昇叙されて従三位になるが、この頃より公任は道長に接近するようになる[9]。具体的には以下のような記録が残っている。

  • 5月6日:道長邸の改築に伴う祝宴に参加[10]。当日公任が詠んだ漢詩は『本朝麗藻』に、和歌は『拾遺和歌集』に残る
  • 9月12日:道長に随行して西山に紅葉を尋ねる[11]。この際に詠んだ和歌が『小倉百人一首』に採録
  • 10月27日:藤原彰子入内に際して、屏風歌を詠進[12]

これらの活動が奏功してか、長保3年(1001年)8月に上席の参議3名(藤原懐平・菅原輔正藤原誠信)を越えて中納言に任ぜられ、10月には正三位に叙せられている。

長保6年(1004年)10月に一条朝の四納言の一人で公任の1歳年下であった藤原斉信官職は権中納言ながら従二位に叙せられ、公任は位階の上で越えられてしまう。公私ともに密接な交流のある親し友人であった斉信に先を越されたことは公任を刺激したらしく[13]、ただちに出仕をやめてしまい、12月になって中納言左衛門督の辞表を道長に提出する[14]。この辞表に関しては、まず当時の有名な文人であった紀斉名大江以言に書かせるも公任は満足できず、大江匡衡が妻の赤染衛門の知恵を借りてようやく作成したとの逸話がある[15]。結局、7ヶ月の不参を経て、翌寛弘2年(1005年)7月に従二位に叙せられ、公任は再び参内を再開した。同年末頃より、公任は道長邸を訪問することが多くなるなど[16]、公任は道長へさらに接近し、迎合の度合いを深めた[17]

寛弘年間前半には、勅撰和歌集『拾遺和歌集』が編纂されているが、公任の和歌は現存歌人中最多の15首が採録されている。この和歌集には公任が以前編纂した『拾遺抄』の和歌が全て採録され、さらにはこの和歌集は『拾遺抄』の盛名に押されて当時の歌壇にそれほど迎えられなかったなど[18]、歌壇における公任の影響力が極めて大きかったことが窺われる[19]

その後、寛弘6年(1009年)に藤原斉信とともに権大納言に昇進するが、この間の寛弘5年(1008年)に藤原斉信が、寛弘7年(1010年)には同じく四納言の一人である源俊賢が先に正二位に昇進して位階面で先を越されている。一条天皇の子女を次々産んでいた中宮・藤原彰子に中宮(権)大夫として仕えていた両名と異なって、皇太后宮大夫のみを兼ねて姉の皇太后・藤原遵子に仕えていた公任は、官位を進めるような要務に任ぜられることもなかったが、かつてのように人事に反発することもなかく、小野宮家の時代が既に遠くへ去ってしまったことを悟っていたか[20]

寛弘9年(1012年)4月に長女を藤原教通に嫁がせる[21]。執政道長の子息を婿に望む公卿は多かったが[22]、公任はこの結婚がよほど自慢であったようで[23]、道長に反発を持つ同じ小野宮流の大納言・藤原実資に対してこの婚儀のことを長々と喋って、実資を閉口させた[24]。一方で、公任は経済的に不如意だったためか、実資から婚儀のための衣裳を借り、新婦のための女装束を贈られている[21]。なお、この結婚の引き出物として贈られたのが『和漢朗詠集』である。同年11月に三条天皇大嘗会が行われ、悠紀国司賞として近江守を兼ねていた教通に叙位の沙汰があったが、教通はこれを舅に譲り公任が正二位に昇叙された。

寛仁5年(1021年)左大臣・藤原顕光の薨去により大臣の席が2つ空き、下座の権大納言であった婿の藤原教通が内大臣に昇進し、大納言であった藤原実資が右大臣に昇ったため、正官の大納言が藤原斉信のみとなる。しかし、筆頭の権大納言であった公任は欠官のある大納言への昇進が叶わず、大臣の座はおろか昇進の限界へ来ていることが明らかになっていた。さらに、治安3年(1023年)次女(遵子の養女)を、翌治安4年(1024年)長女(藤原教通室)を次々と亡くすが、公任は精神的に大きな痛手を受けたらしく[25]、この頃より出仕をしなくなり、同年12月には権大納言の官職を辞任した。万寿2年(1025年)正月に邸宅の四条宮が焼亡したため一時延期するものの、翌万寿3年(1026年)正月4日に弟の最円がいる洛北長谷(現在の京都市左京区岩倉長谷町)の解脱寺で出家を果たした。戒師は三井寺の別当文慶僧都

出家した公任は解脱寺から北に1町ほど離れた平地に山荘を営んで居住した[26]。山荘の跡は現在も「朗詠谷」と称されている[27]。公任の出家はまもなく都に知れ渡るが、その反響は大きく、早速既に出家していた道長から和歌に添えて法衣一領が贈られると、婿の教通や息子の定頼を始め大勢の人々が次々と訪れた。少し落ち着くと今度は同じ四納言の藤原斉信の訪問を受ける。公任と同じく道長の子息(長家)に嫁がせた娘を若くして失っている斉信は、死んだ娘のことを縷々と云い続け、一方で出家の決心も付かない真情を吐露し、これに対して公任は自らの経験を語って斉信を慰める。斉信は時間になっても辞去する気になれず、二人して泣き続けたという[28]

万寿4年(1027年)になると6月に源俊賢が、12月には藤原道長と藤原行成が同日に没し、藤原道長とその政権を支えた四納言は公任出家後わずか2年ほどの間に、公任と斉信のわずか二人を残すのみとなる。公任は俗世間と離れるが、源経頼の依頼を受けて有職故実を教授したり[29]、定頼が月見で人々が詠んだ和歌を詠草にして公任に送ったところ、公任が当時まだ無名であった藤原範永の詠んだ和歌を見つけて絶賛し、これを伝え聞いた範永がその詠草をもらい受け、錦袋に入れて家宝にした[30]、などの話が伝わっている。長元8年(1035年)最後まで官界に残っていた藤原斉信も大臣任官を果たせぬまま没し、結果的に四納言は公任が最後まで生き残った。

長久元年(1040年)の年末より瘡湿にかかって10日ほど患ったのち、翌長久2年(1041年)1月1日薨去[31]享年76。

人物[編集]

和歌の他、漢詩、管弦にもすぐれた才能を見せ、道長に対して自らの才能を誇示した「三舟の才」の逸話は、小野宮流の嫡男として芸術面での意地を見せたともいえる。また、道長には迎合していたものの、自らの門地に対する誇りは高く、四納言の一人斉信に位階を越された際は半年間出仕を止めた上に、当時文人として有名であった大江匡衡に作らせた辞表を提出したこともあった。

家集『大納言公任集』、私撰集『金玉和歌集』、歌論書『新撰髄脳』『和歌九品』などがあり、『和漢朗詠集』や三十六歌仙の元となった『三十六人撰』は公任の撰による。勅撰歌人として『拾遺和歌集』(15首)以下の勅撰和歌集に88首が入首している[32]。また引退後著したと見られる有職故実書『北山抄』は摂関政治期における朝廷の儀式・年中行事の詳細が分かる貴重な史料である。

道長が公任に対して対抗意識を燃やしたという逸話もあるが、実際には寛和2年(986年)の内裏歌合で若手貴族の代表として道長・斉信ともに選ばれるなど、青年時代から共に行動することが多かった。なお、実際に四納言の中で唯一、道長が政権の座に就く以前に参議に昇進している(正暦3年(992年)8月)。

逸話[編集]

大納言公任(小倉百人一首

三舟の才[編集]

大鏡』に見える。三船の才ともいう。道長が大堰川に漢詩の舟、管絃の舟、和歌の舟を出し、それぞれの分野の名人を乗せた際、乗る舟を尋ねられた公任は和歌の舟を選び、「小倉山嵐の風の寒ければもみぢの錦きぬ人ぞなき」と詠んで賞賛された。ところが公任は、漢詩の舟を選んでおけば、もっと名声が上がったはずだと悔やみ、道長に舟を選べと言われたときに、すべての分野で認められているとうぬぼれてしまったと述懐した。

着鈦勘文[編集]

この時代、強盗窃盗私鋳銭の3つの罪については検非違使が裁判を行うことになっていたが、長徳2年(996年)11月に検非違使の最高責任者であった検非違使庁別当である公任の別当宣によって、初めて着鈦勘文(判決文)に(懲役)年数が書かれることになった。それまでは、被害額の総額に応じて徒の年数は定められていたものの、その年数が罪人に示されることは無く、罪人は釈放されて初めて自分がどんな刑罰を受けたのかを知ったという。公任はその矛盾を指摘してこれを改めさせた。この時、左衛門志であった明法家(法律家)の惟宗允亮は、公任の意向に沿って素晴らしい着鈦勘文を書き上げ、法律家としての名声を高めたという。

『源氏物語』の話題[編集]

寛弘5年(1008年11月1日土御門殿で催された敦成親王(後一条天皇)の誕生祝いの宴で、酔った公任が紫式部に対して「この辺りに若紫は居られませんか」と声をかけた、という。式部は(光源氏似の人も居ないのに、どうして紫の上が居るものかしら)と思い、その言を聞き流した、と『紫式部日記』に見える。なお、この逸話の条が、本文以外で『源氏物語』に触れられた記録の初見とされる。

代表歌[編集]

  • 小倉百人一首(55番)
    滝の音はたえて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ聞こえけれ

官歴[編集]

『しらしらとしらけたる夜の月かけに 雪かきわけて梅の花折る』(月岡芳年『月百姿』)

※注記のないものは『公卿補任』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本紀略』
  2. ^ 『扶桑略記』
  3. ^ a b 『大鏡』
  4. ^ 『楽記』春日大社蔵
  5. ^ 村瀬[1959: 13]
  6. ^ 『本朝世紀』正暦4年12月4日条
  7. ^ 『栄花物語』みはてぬゆめ
  8. ^ 村瀬[1959: 20]
  9. ^ 村瀬[1959: 23]
  10. ^ 『御堂関白記』長保元年5月6日条
  11. ^ 『権記』長保元年9月12日条
  12. ^ 『小右記』長保元年10月28日条
  13. ^ 村瀬[1959: 27]
  14. ^ 『御堂関白記』寛弘元年12月15日条
  15. ^ 『袋草子』上、『古事談』第1
  16. ^ 『御堂関白記』
  17. ^ 村瀬[1959: 32]
  18. ^ 『三代集之聞事』
  19. ^ 村瀬[1959: 30]
  20. ^ 村瀬[1959: 35]
  21. ^ a b 『小右記』寛弘9年4月28日条
  22. ^ 『栄花物語』日かげのかづら
  23. ^ 村瀬[1959: 37]
  24. ^ 『小右記』寛弘9年5月1日条
  25. ^ 村瀬[1959: 42]
  26. ^ 『山城名勝志』
  27. ^ 『朝日日本歴史人物事典』
  28. ^ 『栄花物語』巻第27,ころものたま
  29. ^ 『左経記』長元5年5月,6月条
  30. ^ 『袋草子』上巻
  31. ^ 『春記』長久2年2月19日条
  32. ^ 『勅撰作者部類』
  33. ^ 4月15日永観元年に改元
  34. ^ 1月13日長保元年に改元
  35. ^ 異本:11月22日
  36. ^ 『栄花物語』巻第21,後くゐの大将
  37. ^ 小右記』長和元年4月28日条
  38. ^ 『小右記』治安3年5月16日条

参考文献[編集]

  • 村瀬敏夫「藤原公任傳の研究」『東海大学紀要.文学部』2、1959年
  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第二篇』吉川弘文館、1987年

関連項目[編集]