右近 (歌人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
右近(歌川国芳画)

右近(うこん、生没年不詳)は、平安時代中期の女流歌人。父は右近衛少将藤原季縄

醍醐天皇の中宮穏子に仕えた女房で、元良親王藤原敦忠藤原師輔藤原朝忠源順(みなもとのしたごう)などと恋愛関係があった。960年天徳4年)と962年応和2年)の内裏歌合・966年康保3年)の内裏前栽合(だいりぜんざいあわせ)などの歌合に出詠、村上天皇期の歌壇で活躍した。

後撰和歌集』『拾遺和歌集』『新勅撰和歌集』に入集している。

  • 小倉百人一首
    • 38番 忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな(「拾遺和歌集」恋四870)
    • 一説によると、この歌の相手は藤原敦忠と言われている。

関連項目[編集]