清原元輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
清原元輔
Sanjūrokkasen-gaku - 32 - Kanō Yasunobu - Kiyohara no Motosuke.jpg
清原元輔(狩野安信『三十六歌仙額』)
時代 平安時代
生誕 延喜8年(908年
死没 永祚2年(990年)6月)
神号 清原神社祭神
墓所 清原神社熊本市春日1丁目)
官位 従五位上肥後守
主君 村上天皇冷泉天皇円融天皇
花山天皇一条天皇
氏族 清原真人
父母 父:清原春光[1][2]、母:高向利生の娘
兄弟 元輔元真
不詳[3]
為成戒秀致信正高
清少納言藤原理能
特記
事項
三十六歌仙の一人
梨壺の五人の一人
テンプレートを表示

清原 元輔(きよはら の もとすけ、延喜8年(908年)- 永祚2年(990年)6月)は、平安時代中期の歌人貴族内蔵允清原深養父の孫で[1]下総守清原春光の子[1][2]。娘に清少納言がいる。三十六歌仙の一人。

経歴[編集]

天暦5年(951年河内権少掾に任ぜられ、のちに少監物・中監物・大蔵少丞民部少丞・同大丞などを経て、安和2年(969年)62歳にして従五位下・河内権守に叙任される。

天延2年(974年周防守鋳銭長官を兼ね、天元3年(980年)従五位上に叙せられる。寛和2年(986年)79歳の高齢で肥後守として九州に赴き、永祚2年(990年)6月に任地にて卒去。最終官位は従五位上行肥後守。享年83は当時としては長命であった[4]

熊本市清原神社(北岡神社飛地境内)に、祭神として祀られている。

人物[編集]

今昔物語集』28巻や『宇治拾遺物語』13巻には、元輔が賀茂祭の奉幣使を務めた際に落馬し、禿頭であったため冠が滑り落ちたさまを見物人が笑うと、元輔は脱げ落ちた冠をかぶろうともせずに、物見車の一台一台に長々と弁解し、理屈を述べて歩いた。その様子を見て、見物人はさらに面白がったという話がある。清原元輔のひょうきんな一面をうかがうことができる。

歌人としての評価[編集]

天暦5年(951年)撰和歌所寄人に任ぜられ、同年から梨壺の五人の一人として、『万葉集』の訓読や『後撰和歌集』の編纂に当たった[4]。『拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に約100首が入集。家集に『元輔集』がある。

元輔が歌人として高名だったことは『枕草子』に見え、女房勤めした折に清少納言が「父の名を辱めたくないので歌は詠まない」といって許されたという逸話がある。

祖父の深養父も『古今和歌集』に17首も採用され、歌人として名高い[4]。深養父・元輔・清少納言はともに小倉百人一首に和歌が採られている。

ちぎりきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 浪こさじとは

小倉百人一首の読み札に描かれた清原元輔の肖像

官歴[編集]

『三十六人歌仙伝』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 元輔の父を深養父とする説もある。
  2. ^ a b c 父の名を「顕忠」とする系図もあるが、藤原元輔の父・藤原顕忠と混同した誤りと考えられている。
  3. ^ a b 『檜垣嫗集』の詞書より「周防命婦」と呼ばれる夫人の存在が示唆されている。元輔に周防守の経歴が在ることよりこの女房名が与えられたものとも推測されるが、経歴は未詳。
  4. ^ a b c 五味『「枕草子」の歴史学』(2014)p.50

関連項目[編集]

外部リンク[編集]