藤原仲文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤原仲文(狩野安信『三十六歌仙額』)

藤原 仲文(ふじわら の なかふみ、延長元年(923年) - 正暦3年(992年)2月)は、平安時代中期の歌人貴族藤原式家信濃守藤原公葛の三男[1]官位正五位下上野介三十六歌仙の一人。

経歴[編集]

天暦年間に皇太子・憲平親王(のち冷泉天皇)の蔵人となり、康保4年(967年)憲平親王の践祚に伴って六位蔵人に任ぜられ、即位に際して従五位下加賀権守に叙任される。

その後、加賀守伊賀守上野介など、冷泉朝から円融朝にかけて地方官を歴任。この間、天禄4年(973年)従五位上、貞元2年(977年正五位下に叙せられた。冷泉天皇に側近として仕える一方、摂関家藤原頼忠兼家道兼にも出仕した[2]

正暦3年(992年)2月卒去[1][3]享年70。最終官位散位正五位下[1]

歌人として清原元輔大中臣能宣らの交流があった。『拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に8首が入集し[4]、家集に『藤原仲文集』『金玉集』『秋風集』がある[2]

官歴[編集]

『三十六人歌仙伝』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原公葛
  • 母:不詳
  • 生母不詳の子女
    • 男子:藤原聡亮

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『三十六人歌仙伝』
  2. ^ a b 『美術人名辞典』
  3. ^ 一説では貞元3年(978年)卒去。
  4. ^ 『勅撰作者部類』