源信明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
源信明(狩野安信『三十六歌仙額』)

源 信明(みなもと の さねあきら、延喜10年(910年) - 天禄元年(970年))は、平安時代中期の貴族歌人光孝源氏右大弁源公忠の子。官位従四位下陸奥守。父と同じく三十六歌仙の一人。

経歴[編集]

承平7年(937年)父・公忠の五位蔵人辞任に替わり朱雀天皇六位蔵人に補任。式部丞を経て、天慶5年(942年従五位下若狭守に叙任される。

その後も、備後守信濃守越後守陸奥守など、朱雀村上冷泉の三朝に亘って受領として長く地方官を歴任し、治国の功労により天暦2年(948年)従五位上、天徳5年(961年正五位下安和元年(968年)従四位下と昇進した。

天禄元年(970年卒去享年61。最終官位散位従四位下。

和歌[編集]

宇多上皇が崩御したときの哀傷歌を始めとして、村上天皇の名所絵屏風歌、朱雀天皇皇女昌子内親王裳着の折の屏風歌など数多くの歌が残されている。女流歌人である中務とはかなり親密な関係にあったらしく、彼女との贈答歌は『信明集』にも一連の歌群として収録される。他にも源公平(信明の叔父)の三女や閑院大君源宗于の娘)とも交渉があったらしい。

後撰和歌集』(4首)以下の勅撰和歌集に22首入集[1]。家集に『信明集』がある。

官歴[編集]

『三十六人歌仙伝』による。

系譜[編集]

注記のないものは『尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『勅撰作者部類』
  2. ^ 『中務集』、『伊尹集』
  3. ^ 古事談
  4. ^ 但馬守常陸介讃岐守美作守を歴任し、長徳2年(996年)に越前守となったが、同年のうちに藤原為時にその座を奪われた(『大日本史料』2-2。『今昔物語集』に関連の逸話あり)

参考文献[編集]