源公忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
源公忠(狩野尚信『三十六歌仙額』)

源 公忠(みなもと の きんただ、寛平元年(889年)- 天暦2年10月28日948年12月1日))は、平安時代中期の貴族歌人光孝天皇の孫。大蔵卿源国紀[1]の次男。官位従四位下右大弁三十六歌仙の一人。滋野井弁と号す。

経歴[編集]

延喜11年(911年)昇殿。掃部助を経て、延喜18年(918年醍醐天皇六位蔵人に任ぜられ、延長2年(924年)蔵人の功労により従五位下に叙爵。延長6年(928年五位蔵人、延長7年(929年右少弁と醍醐天皇の身近に仕えた。

延長8年(930年朱雀天皇即位に伴って再び五位蔵人に再任すると、承平2年(932年)従五位上、承平3年(933年)右中弁、承平6年(936年正五位下、承平7年(937年)左中弁、天慶元年(938年従四位下と、朱雀朝前半は蔵人に弁官を兼務して天皇の身近に仕えながら順調に昇進した。

天慶3年(940年大宰大弐、天慶4年(941年近江守と朱雀朝後半は地方官を歴任するが、天慶6年(943年)右大弁として京官に復す。天慶8年(945年)病気により右大弁を辞任。 天暦2年(948年)10月28日卒去享年60。最終官位散位従四位下。

歌合や屏風歌で活躍し、紀貫之からは辞世の歌を贈られた。『後撰和歌集』(2首)以下の勅撰和歌集に21首が入集[2]家集に『公忠集』がある。また、香道鷹狩に優れていた。

逸話[編集]

鷹狩の名人で、『大鏡』[3]に以下の逸話がある。

  • 公忠は公務の間、予め馬をどこかに繋いでおき、公務が終わるとすぐにそのまま鷹狩に毎日のように出かけていた。また、久世交野の雉の味の違いを識別できるとの話があったので、ある人が両方の雉を混ぜて料理し、目印を付けて献上したところ、公忠はそれぞれの雉を味わい分けたという。

ほかにも『大和物語』・『宇治拾遺物語』・『江談抄』に逸話が残されている。

官歴[編集]

『三十六人歌仙伝』による。

系譜[編集]

  • 父:源国紀
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:源信明(910-970)
    • 男子:源宏平
    • 男子:源信孝
    • 男子:観教(源信輔) - 又は信孝の子[4]
    • 男子:澄観
    • 男子:勝観
    • 男子:寛祐
    • 男子:慈慶(又は滋慶)
    • 女子:源雅信

脚注[編集]

  1. ^ 読みは、みなもと の くにのり。
  2. ^ 『勅撰作者部類』
  3. ^ 『大鏡』第6巻4段
  4. ^ 『僧綱補任』『和歌色葉集作者部類』