源雅信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源雅信
時代 平安時代中期
生誕 延喜20年(920年
死没 正暦4年7月29日(993年8月19日
改名 覚実(法名)
別名 一条左大臣、鷹司左大臣
官位 従一位左大臣、贈正一位
主君 朱雀天皇村上天皇冷泉天皇円融天皇花山天皇一条天皇
氏族 宇多源氏・氏祖
父母 父:敦実親王、母:藤原時平の娘
兄弟 寛信寛朝雅信重信雅慶
源公忠の娘、藤原穆子藤原朝忠の娘)
藤原元方の娘、藤原為光の娘
時中済信時通時叙方時藤原道長室・倫子藤原道綱室・中の君扶義通義済時致平親王妃、藤原定時
テンプレートを表示

源 雅信(みなもと の まさざね[1]延喜20年(920年) - 正暦4年7月29日ユリウス暦993年8月19日))は、平安時代中期の貴族宇多源氏式部卿敦実親王の三男。官位従一位左大臣正一位一条左大臣又は鷹司左大臣と号した。


経歴[編集]

朱雀朝承平6年(936年臣籍降下して二世王待遇の蔭位により従四位下に直叙され、天慶元年(938年侍従に任官する。天慶5年(942年右近衛権中将に任ぜられると、天慶8年(945年従四位上天暦2年(948年蔵人頭と昇進し、天暦5年(951年参議に任ぜられ公卿に列した。議政官として、治部卿左兵衛督などを兼帯し、天暦9年(955年正四位下応和2年(962年従三位、康保5年(968年正三位と昇叙されした。

円融天皇安和2年(969年)に即位するとその信任を得て急速に昇進し、天禄元年(970年)権中納言次いで中納言、天禄3年(972年)には大納言に昇任されている。貞元2年(977年)右大臣。

貞元2年(977年関白藤原兼通が没すると、翌貞元3年(978年)左大臣を兼ねる関白藤原頼忠太政大臣に、雅信は左大臣に、同時に兄の前関白・藤原兼通に冷遇されていた藤原兼家が右大臣にそれぞれ昇進した。円融天皇は藤原氏の権力を牽制するために、雅信に一上としての職務を行わせようとする。これは、頼忠・兼家を牽制しつつ自らの親政の実を挙げようとした円融天皇の政策上にあったと考えられる。天元5年(982年)正月に除目叙位を行った際、円融天皇は関白の頼忠に対して決定内容のみを蔵人藤原宣孝に報告させたのみで、実際の決定に参加させなかった。このために頼忠は抗議して欠席したが、これに対して天皇は雅信に上卿としてその実施を命じて頼忠の抗議を無視している[2]。この傾向は雅信が東宮傅を務めた花山天皇の即位後も続き、永観2年(984年)の花山朝での初めての除目及び別当定は、新天皇が円融上皇に相談の後に頼忠には相談せずにそのまま雅信に実施させている。この結果、頼忠は政務への参加を厭うようになり、花山朝における太政官外戚である権中納言・藤原義懐が主導し、左大臣・源雅信が一上として官奏を行う(官奏候侍者)、あるいは宣旨官符を実施するようになった。雅信は寛和元年(985年)以後、高齢による足腰の不調を訴えるようになるが、それでもなお忠実に政務を執行し、公事の運営に精励して失誤は少なかった。

更に、雅信が一上として太政官を運営する体制は一条天皇が即位し、藤原兼家が摂政に就任した後も更に継続された。その象徴が永祚元年(989年)3月に予定されていた一条天皇の春日大社(藤原氏の氏社行幸が、陰陽頭賀茂光栄勘文を受けた円融法皇の命令で延期の宣旨が出された。その際、兼家以下藤原氏出身の公卿弁官がこれに反発して悉く命令を忌避する中、雅信を上卿として奉行し、雅信四男の右少弁源扶義の名前で宣旨が発給されている。兼家が摂政として全権を振るうには雅信の存在は明らかに障害ではあったが、昌泰の変菅原道真安和の変源高明源兼明皇族復帰の時と違って、雅信を排除するだけの名目を見つけることが出来なかった。具体的には、道真(斉世親王)や高明(為平親王)は有力皇族と姻戚関係があり、兼明は元々親王身分であったために排除の理由は簡単に見つけられたが、雅信の場合にはそのいずれでもなかった。兼家が右大臣の職を辞して大臣の地位を帯びない摂政となった背景には、左大臣雅信よりも下位の議政官の地位から解放されることで政治的優位を確保しようとした意図が想定される。

この間、花山・一条・三条の3天皇の皇太子時代に東宮傅を務める。雅信の願いは、この関係を利用して自慢の娘の源倫子を天皇のにする事であった。ところが花山天皇は藤原兼家の策動で退位してしまう。更にその兼家の四男である藤原道長から倫子への求婚がされたのである。初め雅信は摂関家の子弟とはいっても、兄である道隆道兼らがいる以上出世は望み薄で、しかも倫子よりも2歳も年下である道長では全く相手にならないと考えていた。だが、その事を倫子の生母でもある正室・藤原穆子に相談したところ、彼女は夫の意見に猛反対した。当時の一条天皇は道長よりも更に14歳も年下、それより4歳年上ではあったが春宮・居貞親王(のち三条天皇)も入内させるとしては早すぎである。雅信が望むように倫子が宮中に入って子供を生むよりも、実力者の息子である道長の出世の方がまだ可能性があると主張して、強引に倫子を道長に嫁がせてしまった(永延元年(987年)に結婚)。これには雅信も道長の父の兼家も唖然としたという。

正暦2年(991年)弟の重信は右大臣に就任し、雅信が薨去する年まで兄弟で左右大臣を務めている。正暦4年(993年)5月より病気により勅許を得ないまま辞官。7月28日に出家して翌29日薨御享年74。最終官位は左大臣従一位。祖父の宇多天皇や父の敦実親王ゆかりの仁和寺に葬られた。

雅信は妻の主張が本当に正しいのか確信が持ち得ないままに没したが、2年後の長徳元年(995年)道長は内覧藤氏長者となって、妻の判断が正しかった事を世の人々は知る事になった。道長の正室となった倫子は頼通教通一条天皇中宮彰子三条天皇中宮妍子後一条天皇中宮威子後朱雀天皇東宮嬉子などの生母となった。

人物[編集]

父の敦実親王琵琶の名手として有名で、その影響か雅信自身も「音楽堪能、一代之名匠也」といわれるほどの達人で「源家根本朗詠七首」などを定め、後世に朗詠の祖とまで言われるようになった。他にも有職故実和歌蹴鞠にも通じていたといわれている。その一方で村上天皇の御世、侍従として天皇の側で仕えていたが「仕事中には公務の事しか口にしない堅物」だとして村上天皇からはやや敬遠されたともいわれている。『大鏡』によれば、「南無八幡大菩薩 南無金峯山金剛蔵王 南無大般若波羅蜜多心経」という念誦を毎日百回ちょうど行う事を日課にしていたという。

官歴[編集]

注記のないものは『公卿補任』による。

系譜[編集]

雅信の子孫は後世庭田綾小路五辻大原慈光寺の諸家に分かれて公家として名を残す一方、参議近江守だった四男扶義の子孫が近江に定着して、武士佐々木氏へと展開し、その後の歴史に深く関るようになるのである。

補註[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「まさのぶ」と誤読されることがあるが「マサゝ子」と訓じられており「まさざね」が正しい。「まさのぶ」の誤読は『寛政諸家系譜』以降のもの。
  2. ^ 『小右記』天元5年正月10日条
  3. ^ 『近衛府補任』

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 土御門殿(雅信の邸宅、後に道長が継承した)
公職
先代:
藤原頼忠
左大臣
978 - 993
次代:
源重信
先代:
藤原頼忠
右大臣
977 - 978
次代:
藤原兼家
先代:
藤原師氏
陸奥出羽按察使
970 - 975
次代:
藤原兼家
軍職
先代:
藤原頼忠
左衛門督
969 - 972
次代:
源延光
先代:
源兼明
左兵衛督
968 - 979
次代:
藤原斉敏