致平親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

致平親王(むねひらしんのう、天暦5年(951年)- 長久2年2月20日1041年3月24日))は、平安時代皇族村上天皇の第三皇子、母は更衣正妃左大臣藤原在衡女)。冷泉天皇円融天皇らの異母兄弟。同母兄弟姉妹に保子内親王藤原兼家室)・昭平親王がいた。子に源成信藤原道長養子)、源致信永円園城寺平等院大僧正)。妻は源雅信の娘。法名は悟円

康保2年(965年)、清涼殿において元服。このときの加冠を中納言源兼明が、理髪を頭中将源延光がそれぞれ務めた。同年、上野太守になる。康保4年、四品に叙される。安和2年(969年)帯剣を許される。天禄2年(971年兵部卿に任ぜられる。貞元元年(976年大宰帥になる。981年天元4年)に園城寺の余慶に従って出家し、智弁に師事した。法名を悟円といい、明王院宮法三宮と呼ばれた。出家に際し、徽子女王中務から歌を贈られている。長久2年2月、91歳で薨去した。

系図[編集]

 
(60)醍醐天皇
 
(61)朱雀天皇
 
 
広平親王
 
 
 
 
 
 
 
(62)村上天皇
 
 
(63)冷泉天皇
 
(65)花山天皇
 
 
 
 
 
 
 
兼明親王
 
 
致平親王
 
 
(67)三条天皇
 
敦明親王(小一条院)
 
 
 
 
 
 
 
(源)高明
 
 
為平親王
 
 
禎子内親王
(後三条母、陽明門院)
 
 
 
 
 
(64)円融天皇
 
(66)一条天皇
 
(68)後一条天皇
 
 
 
 
 
 
昭平親王
 
 
(69)後朱雀天皇
 
(70)後冷泉天皇
 
 
 
 
 
 
具平親王
 
(源)師房
村上源氏へ〕
 
 
(71)後三条天皇