具平親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

具平親王(ともひら しんのう、応和4年6月19日964年8月4日)- 寛弘6年7月28日1009年8月21日))は、平安時代中期の皇族。第62代村上天皇の第七皇子、母は女御荘子女王醍醐天皇の第三皇子代明親王の次女)。官位は二品・中務卿後中書王(のちの ちゅうしょ おう)、千種殿(ちぐさ どの)、六条宮(ろくじょうの みや)[1]の通称がある。

来歴[編集]

康保2年(965年)親王宣下。同5年(968年)5月に父が崩御、7月に母が出家する。貞元2年(977年)8月11日元服して三品に叙せられる。兵部卿中務卿を経て、寛弘4年(1007年)4月二品に叙される。同5年(1008年)7月に母が卒去、翌年親王も後を追うように薨じた。享年46。

人物[編集]

幼少の頃から知的好奇心に富み、心構えがしっかりとした人物だった[2]。卓越した文人として知られ、一条朝における文壇の中心人物であり、やはり文人だった叔父の兼明親王醍醐天皇皇子)が「前中書王」と呼ばれたのに対して、後代には「後中書王」と呼ばれた。詩歌管弦を始め書道陰陽道・医術にも通じていた[3]

橘正通慶滋保胤に師事し、大江匡衡藤原為頼為時兄弟(紫式部の伯父と父)などとも親しく交流した。藤原公任とは柿本人麻呂紀貫之の歌の優劣を廻って論争し、人麻呂が優ると主張して公任を論破したことが有名な逸話として伝わっており[4]、これが後に公任が『三十六人撰』を選定するきっかけとなったという。親王作の詩歌は『拾遺和歌集』に3首撰集されているのをはじめ、勅撰和歌集に都合41首[5]を数え、他にも『本朝麗藻』『和漢朗詠集』『本朝文粋』などに撰集されている。

系図[編集]

 
(60)醍醐天皇
 
(61)朱雀天皇
 
 
広平親王
 
 
 
 
 
 
 
(62)村上天皇
 
 
(63)冷泉天皇
 
(65)花山天皇
 
 
 
 
 
 
 
兼明親王
 
 
致平親王
 
 
(67)三条天皇
 
敦明親王(小一条院)
 
 
 
 
 
 
 
(源)高明
 
 
為平親王
 
 
禎子内親王
(後三条母、陽明門院)
 
 
 
 
 
(64)円融天皇
 
(66)一条天皇
 
(68)後一条天皇
 
 
 
 
 
 
昭平親王
 
 
(69)後朱雀天皇
 
(70)後冷泉天皇
 
 
 
 
 
 
具平親王
 
(源)師房
村上源氏へ〕
 
 
(71)後三条天皇
 
 
 
 
 


系譜[編集]

親王の子女のうち三人が藤原道長の子女と結婚しており、嫡男師房の子孫は村上源氏として院政期に勢力を拡大した。長女隆姫女王関白頼通室)と三女嫥子女王(関白教通室)は子に恵まれなかったが、次女敦康親王妃の一人娘嫄子女王後朱雀天皇中宮)が頼通・隆姫夫妻の養女となった。なお、『栄花物語』では頼通が三条天皇から内親王降嫁の話を持ちかけられた際、隆姫の行く末を案じて頼通に取り憑いた具平親王の怨霊が現れ、強く破談を求めたとの逸話がある[6]。また、頼通の妾で寛子師実らの生母である藤原祇子(頼成女)も、一説には具平親王の落胤だというが定かではない[7]

著作[編集]

  • 『具平親王集』(散佚)
  • 『弘決外典鈔』
  • 『書写山性空上人伝』

出典・補注[編集]

  1. ^ 左京六条に営んだ豪邸に因む。
  2. ^ 「麗景殿の七宮ぞおかしう、御心掟など少ながらおはします」『栄花物語』巻第一、「月の宴」。
  3. ^ 『栄花物語』巻第八、『はつはな』。
  4. ^ 『古事談』。
  5. ^ 『勅撰作者部類』。
  6. ^ 『栄花物語』巻第十二「たまのむらぎく」。
  7. ^ 『栄花物語』巻第三十六「根あはせ」。

参考文献[編集]