本朝麗藻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本朝麗藻(ほんちょうれいそう)は平安中期の漢詩集高階積善の撰。一条朝末期、寛弘7年(1010年)頃成立。全2巻。

上巻は春・夏・秋・冬(闕)の四時部、下巻は山水・仏事・神祇・山荘・閑居・帝徳・法令・書籍(付勤学)・賢人・讃徳・詩・酒・贈答・餞送・懐旧・述懐の16部に分かれる。現存本は上巻の首尾を欠く。六朝風の七言詩の占める比重が頗る大きく、かつて詩境の創出において平仄を用いた対句の弛緩や出典の固型化がみられることが指摘されたが、それらの多くが一条朝の殿上詩宴や貴顕私宅での作文会における花鳥風月の即題律詩であることを考えに入れた場合、仕方ない一面もあるといえようか。

一条天皇具平親王以下、藤原道長藤原伊周藤原公任大臣卿相をはじめ、大江以言大江匡衡藤原為時源為憲源道済ら寛弘期に活躍した詩人36人の作品150余首(漢詩と詩序を含む)を収録。年代の上限は円融朝。具平親王を別にすると藤原伊周(積善の甥)・大江以言(伊周の側近)の作が最も多く、摂関家の縁に連なる人物で暗転した境遇を想うときに、華麗な句題の枠をこえて深沈なる哀歎を覗かせる名句がみられる。摂関家司の家系の代表格であろう藤原広業有国の子、遠度の婿)においても、地方監査・祝事奉仕の能吏というしたたかなイメージを払拭するかのごとく、このアンソロジーをとおして見えてくるのは長徳紀伝道文章生・寛弘の春宮学士敦成親王誕生の際の御湯殿儀読書役)という若き青春の記憶である。

下巻は江戸時代の写本が多数伝わっているのに対し、首尾を欠く上巻は重文指定を受けている鎌倉前期の古写本(白河院の証本を出所に持つといい、近世、水戸彰考館が転写に使用した親本で、一方彰考館本昭和二十年の戦災で焼失)のみが知られる。

群書類従・文筆部」所収。

参考文献[編集]

  • 今浜通隆『本朝麗藻全注釈 1~3』(新典社注釈叢書)
  • 川口久雄・本朝麗藻を読む会編『本朝麗藻簡注』(勉誠社)
  • 柳沢良一『本朝麗藻総索引』(勉誠社)
  • 大曾根章介・佐伯雅子編『校本本朝麗藻』(汲古書院)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]