大江以言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大江以言(菊池容斎『前賢故実』)

大江 以言(おおえ の もちとき、天暦9年(955年) - 寛弘7年7月24日1010年9月5日[1])は、平安時代中期、一条朝の貴族・文人。大隅・大江仲宣の子。子に成賢・公賢がいる。官位従四位下式部権大輔

系譜[編集]

大江音人の玄孫、千古の曾孫、維明の孫、大隅守仲宣の子。正言嘉言(ともに勅撰歌人、嘉言は中古三十六歌仙の一)の弟。同時代の大学者大江匡衡とは再従兄弟(同じく大江千古の曾孫)にあたり、文士として並び称され[2]、合作したこともある詩友である[3]

はじめ弓削宿禰を名乗ったが、長保5年(1003年)頃大江姓に復した[4]

経歴[編集]

漢学藤原篤茂に学んだ。正六位上文章得業生から身を起こし、長保3年(1001年)8月従五位上[5]、長保から寛弘年間にかけて文章博士[6]を勤め、治部少輔を経て、従四位下式部権大輔に至った。

世に「帥殿方人」[7]と目されるほど藤原伊周(帥殿)と極めて親しく、そのため、伊周が失脚した長徳の変後、長徳2年(996年)10月10日の除目飛騨権守に左遷された。その後も官途においては不遇で、「恨暗漢雲之子細」の佳句が一条天皇の知るところとなり、蔵人に補任されそうになったが、左大臣道長殿上人達が承引しなかったので、ことは立ち消えになった。憤懣やるかたない以言は、帝が奸臣に欺瞞されたことを風刺した詩句「鷹鳩不変三春眼、鹿馬可迷二世情」[8]を放言した。それでも殿上人は「湯気(ゆげ)の上らんとす」と以言の旧姓「弓削(ゆげ)」をもじって皮肉ったという[9]。ただし、道長が以言の漢詩を評価していたのも事実のようで、道長の『御堂関白記』には大江匡衡とともに以言をたびたび自らの詩会に招いている。

寛弘7年(1010年)7月24日、同年はじめに薨去した伊周の後を追うようにして卒去した。

ほかに源俊賢藤原行成具平親王との親交も詩作からうかがえる。

文学面[編集]

その文体は自由奔放で新奇な趣向が目立つが、言い換えれば恣意で法則を無視したものが多く、とても後学には真似することができないと大江匡房に評されている[7]。その秀作に対して、慶滋保胤が妬みにも似た感嘆を発したことがある[9]。慶滋保胤はまた、具平親王の問いに対して、以言の詩文は「白砂の庭前、翠松の陰の下、陵王を奏するが如し」清奇であると評した[10]。具平親王からも以言は詩文において「上手」と賞賛された[11]。以言は同時代の高名な文士である紀斉名の詩を批判したことがあり[7]、自らも文才を自負していた様子がうかがえる。

一条朝詩壇の詞華集である『本朝麗藻』の入集数は20首で、二位の具平親王(18首)を抜いて最多入集を果たしている。『和漢朗詠集』(11首)、『本朝文粋』(27首)、『新撰朗詠集』(35首)、『和漢兼作集』(6首)などにも詩文を採られている。『以言集』8帖、『以言序』1帖があったことが平安末期を生きた藤原通憲(信西)の蔵書目録に見えるが、伝わらない。

和歌の方は『詞花和歌集』雑下に「網代には沈む水屑もなかりけり宇治のわたりに我や住ままし」の1首が入集している。

江談抄』には彼の詩文にまつわる逸話が多く収められている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本紀略』『一代要記
  2. ^ 続本朝往生伝』一条天皇の条
  3. ^ 江談抄』第四。大江匡衡は以言を高く評価するかたわら、彼が書いた詩序の破題には秀句が無いとの批評も下している。一方、以言も匡衡が書いた願文の秀句(原文は『江談抄』巻六)について評価しなかったとする『水言鈔目録』の注釈がある。
  4. ^ 後藤昭雄「大江以言考」(『平安文学研究』第48輯(1972年6月)初出、『平安朝漢文学論考』(桜楓社、1981年)再録)
  5. ^ 二中歴
  6. ^ 『儒職歴』には長保3年(1001年)8月の任命とする。
  7. ^ a b c 『江談抄』第五
  8. ^ 馬鹿」の語源にもなったといわれる二世皇帝趙高の故事を引く
  9. ^ a b 『江談抄』第四
  10. ^ 今鏡』巻9「唐歌」、『古今著聞集』「文学」に、大同小異の内容で載っている話。
  11. ^ 『江談抄』第六

参考文献[編集]

  • 井上辰雄『平安儒家の家 大江家のひとびと』塙書房、2014年 ISBN 978-4-8273-1265-2 第6章「大江以言」

外部リンク[編集]