長徳の変

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長徳の変(ちょうとくのへん)とは長徳元年(995年4月10日藤原道隆の死後、弟の藤原道長内覧宣旨を得た後に起きた政変。道隆の一族、中関白家が排斥される結果となった。花山院闘乱事件(かざんいんとうらんじけん)とも。

経緯[編集]

長徳2年(996年)頃、道隆の遺児である藤原伊周が通っていた故太政大臣藤原為光の娘三の君と同じ屋敷に住む四の君(藤原儼子。かつて寵愛した女御藤原忯子の妹)に花山法皇が通いだしたところ、それを伊周は自分の相手の三の君に通っているのだと誤解し、弟の隆家に相談する。隆家は長徳2年1月16日996年2月7日)、従者の武士を連れて法皇の一行を襲い、法皇の衣の袖を弓で射抜く(更に『百錬抄』では、花山法皇の従者の童子二人を殺して首を持ち去ったという話も伝わっている)。

花山法皇は出家の身での女通いが露見する体裁の悪さと恐怖のあまり口をつぐんで閉じこもっていたが、この事件の噂が広がり、これを政敵の藤原道長に利用される形となり、先ず隆家が4月に出雲権守に左遷された。伊周は勅命によるもの以外は禁止されている呪術である大元帥法を密かに行ったとして、大宰権帥に左遷された。どちらも実質的な配流である。その他中関白家に連なる面々が連座して処断され、また姉弟であった一条天皇中宮定子の落飾の遠因ともなった。 翌年から数年後には許され都に戻されているが、以降において伊周ら中関白家が道長に政治的に勝つことは無かった。

「長徳の変の黒幕」と衆目の一致する所であった道長は、後年、賀茂詣のついでにわざわざ隆家を招いて同車させ、その弁明に努めている。

なお、藤原儼子はのちに花山院の死後、藤原道長の妾となり懐妊するが、出産時に死亡している。

変で処罰された人物[編集]

小右記』による[1]

中関白家との関係 氏名 官位 処罰内容
中関白家 藤原伊周 正三位内大臣 大宰権帥左遷
中関白家 藤原隆家 従三位権中納言 出雲権守へ左遷
伊周の叔父 高階信順 右中弁 伊豆権守へ左遷
伊周の叔父 高階道順 右兵衛佐 淡路権守へ左遷
伊周の義兄弟 源明理 従四位下左近衛少将 殿上簡削除
中関白家 藤原頼親 四位・左近衛中将 殿上簡削除
中関白家 藤原周頼 右近衛少将 殿上簡削除
伊周の義兄弟 源方理 右近衛少将 殿上簡削除
藤原相尹 左馬頭 勘事
源頼定 従四位下・弾正大弼 勘事

脚注[編集]

  1. ^ 『小右記』長徳2年4月24日条

出典[編集]