二中歴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

二中歴(にちゅうれき)は、鎌倉時代初期に成立したとされる事典である。

その内容は、平安時代後期に成立した「掌中歴(しょうちゅうれき)」と「懐中歴(かいちゅうれき)」の内容をあわせて編集したものとされている。現代では「掌中歴」の一部が現存するのみとなっており、二中歴がこれらの存在を知る手がかりとなっている。

掌中歴と懐中歴は三善為康(1049~1139)の手による、平安時代後期のものと推定されているが、二中歴の編纂が誰によるものであるかは不明である。現代には尊経閣文庫本と呼ばれる、加賀・前田家に伝わる古写本が残されているのみで、これは鎌倉時代後期から室町時代にかけての、後醍醐天皇のころに作られたと考えられている。

尊経閣文庫本には順徳天皇の御代に編纂されたとあり、1210年~1221年頃の成立であると考えられている。

古代年号の記述[編集]

日本で最初の年号は645年の大化であるというのが通説であるが、二中歴にはこれより古い年号の記述がある。これらの元号は単なる言い伝えであり、実際には存在しなかったとも読める記述も同時に見られ[1]、古代の元号が存在したかどうかは議論が続いている。また、古田武彦はこれらを九州年号だと主張しているが、査読を経た論文は存在しない。

日本地図[編集]

第十に、京都から他の国に至る道を示した、拾芥抄のものに比べて原始的な地図が載せられている。

外国語[編集]

第十二に、高麗語、貴賀国語、天竺語(梵語)、波斯国語の数の1から10までをカタカナで記している。誤りが多いが、ハングル発明以前の朝鮮語を表音文字で記した貴重な資料となっている。

古将棋[編集]

将棋の歴史を知る上でも、二中歴は重要な資料である。二中歴には平安時代に遊ばれたと見られる大小2種の将棋について記されており、現代では平安将棋および平安大将棋と呼ばれている。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 二中歴第二、年代歴「已上百八十四年、年号卅一代、不記年号、只有人伝言。自大宝始立年号而已。」