大江匡衡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大江匡衡(菊池容斎『前賢故実』)

大江 匡衡(おおえ の まさひら、天暦6年(952年) - 寛弘9年7月16日1012年8月6日[1])は、平安時代中期の儒者歌人中納言大江維時の孫で、左京大夫大江重光の子。官位正四位下式部大輔中古三十六歌仙の一人。

略歴[編集]

村上天皇の代である天暦6年(952年)に出生。大江氏(江家)は大江音人を祖とし菅原氏(菅家)と並ぶ学問の家柄で、菅原道真の失脚後に飛躍し、「聖代」とされている村上朝には匡衡の祖父にあたる維時や一族の大江朝綱らが儒家の中心的存在となる。父の重光は対策に及第している文人官僚。

匡衡は晩年に自身の半生を回顧した長編の述懐詩[2]を残しており、幼少期から青年期の様子も記されている。述懐詩によれば匡衡は7歳で読書をはじめ、9歳で詠作を行う。康保元年(964年)13歳で元服し、祖父の維時から教戒を受けたという(維時は実際には応和3年(963年)に死去[3])。なお、元服に際して改めた「匡衡」の名は漢代の文人である匡衡に由来すると考えられている[4]

康保3年(966年)15歳で大学寮に入り、翌康保4年には寮試に合格して擬文章生となる。匡衡は紀伝道を学び、天延元年(973年)に省試に合格して文章生となる。なお、この時期に父の重光が死去している。天元2年(979年)に対策に及第する(策問作者は問頭博士・菅原文時、策問(問題)と匡衡の回答は『本朝文粋』に収録されている)。匡衡は赤染時用の娘で歌人として知られる赤染衛門を妻としているが、長子挙周の出生時期から天元年間の婚姻であると考えられている。

寛和元年(985年)襲撃され左手指(どの指かは不明)を切断される。犯人は藤原保輔とされる。

東宮学士文章博士を経て、正四位下式部大輔に至る。匡衡は一条天皇期に文人として活躍し、藤原道長藤原行成藤原公任などと交流があり、時折彼らの願文奏上などの文章を代作し、名儒と称された。また地方官としても善政の誉れ高く、尾張国国司としての在任中は学校院を設立し、地域の教育の向上に努めた。公卿としての地位を望んだが果たせずに終わった。

漢詩文に『江吏部集』、私家集に『匡衡朝臣集』がある。『後拾遺和歌集』(7首)以下の勅撰和歌集に和歌作品が12首採録[5]

夫婦[編集]

大江匡衡と赤染衛門はおしどり夫婦として知られており、仲睦ましい夫婦仲より、匡衡衛門と呼ばれたという[6]

経歴[7][編集]

※日付は全て旧暦

  • 天延元年(973年) 文章生
  • 天延3年(975年) 文章得業生
  • 天延4年(976年) 秀才。越前権大掾に任官。
  • 天元2年(979年) 対策に及第。
  • 正暦2年(991年)
    • 3月 仁康上人が河原院で五時講を行った際に執筆した願文により名声を高めた(「本朝文粋」)。
    • 侍従に任官。
  • 長徳4年(998年) 従四位下に叙され式部権少大輔に任官。
  • 長保元年(999年) 年号「長保」を勧進。
  • 寛弘元年(1004年) 年号「寛弘」を勧進。
  • 寛弘5年(1008年)9月 一条天皇第二皇子敦成親王(後の後一条天皇)の御名を選進。
  • 寛弘6(1009年) 
  • 寛弘8年(1011年) 藤原道長邸の阿弥陀仏開眼供養願文を記す。一条天皇崩御四十九日御願文の執筆。
  • 長和元年(1012年) 皇太后彰子が行った一条天皇の法華八講の願文を菅原宣義に依頼。
    • 7月16日 薨去。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本紀略』長和元年(1013年)条に死没記事があり、生年は逆算。
  2. ^ 「述懐古調詩」。『江吏部集』巻中に収録され、二百句に及ぶ長編詩で自身の生涯を回顧。
  3. ^ 公卿補任
  4. ^ 後藤昭雄『大江匡衡』
  5. ^ 『勅撰作者部類』
  6. ^ 紫式部日記
  7. ^ 『中世の山形と大江氏』p.43

参考文献[編集]