藤原伊周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原伊周
時代 平安時代中期
生誕 天延2年(974年
死没 寛弘7年1月28日[1]1010年2月14日
改名 小千代(幼名)→伊周
別名 帥内大臣、儀同三司
官位 正二位内大臣
氏族 藤原北家九条流
父母 父:藤原道隆
母:高階貴子高階成忠の娘)
兄弟 道頼頼親伊周定子隆家原子隆円頼子御匣殿周家周頼好親
源重光の娘
源致明の娘
道雅顕長周子
テンプレートを表示

藤原 伊周(ふじわらの これちか)は平安時代中期の公卿摂政関白内大臣藤原道隆の嫡男(三男)。

生涯[編集]

誕生と急速な出世[編集]

天延2年(974年)藤原北家九条流の上卿大納言兼家嫡男であった兵衛佐道隆と、内裏内侍であった貴子の間に生まれる。異母兄に「大千代君」の幼名を持つ道頼がいたため、小千代君と名づけられた。

寛和元年(985年)11月20日に12歳で元服し、同日従五位下叙爵。翌寛和2年(986年)7月22日一条天皇即位式の日に昇殿し、ついで侍従左兵衛佐に任ぜられる。永延元年(987年)9月4日に左近衛少将、翌2年正月15日禁色を聴される。正暦元年(990年)5月8日に祖父兼家の後をついで父道隆が摂政に就任し、さらに同年10月中宮に同母妹定子が立つと、摂関家の嫡男としてその地位は飛躍的に上昇した。同年中に右近衛中将・蔵人頭を経て、正暦2年(991年)正月26日に参議となって公卿に列すと、同7月27日従三位、9月7日には権中納言に昇進、更に翌正暦3年(992年)8月28日には正三位権大納言に進んだ(同日に辞任した舅の源重光から譲られた)。

父・道隆の強引な引き立て[編集]

その翌年の正暦5年(994年)8月28日には21歳の伊周は8歳年上の叔父道長ら3人の先任者を飛び越えて内大臣に昇進(上席の右大臣は叔父道兼)、伊周の後任の権大納言は3歳上の異母兄道頼に譲るという強引な伊周への官位引き上げは、一条天皇の生母東三条院詮子(道隆の妹)をはじめとして朝野上下の不満を募らせた。それは当時は表面化しなかったが、やがて道隆薨去後、人々の伊周への反発を招き、道長の政権奪取の素地を提供することになる。

長徳元年(995年)2月始め、道隆は飲水病(糖尿病)が悪化して重態に陥るや、後任の執柄に伊周を強く押し、3月8日に一条天皇はまず関白道隆が内覧を行い、次いで内大臣伊周に内覧させるように命じた。これに対して伊周は、自分は関白から内覧の業務を内大臣に委ねる旨を伝えられており、宣旨の内容がこれに反すると抗議した。そのため、翌日に改めて伊周をして文書内覧の宣旨を蒙らしめることに成功した。しかし、この時下された宣命で内覧について「関白病間」の語句があったのを、元は「関白病替」を望んでいた伊周は甚だ不満であったという。これを見た左少弁高階信順(伊周の母方の叔父)は、宣旨を作成した大外記中原致時に訂正を迫り、拒絶されている。これは伊周の驕りと捉えられ、やがて一条天皇の不興をも買い、己の政敵に付入る隙を与えてしまった。また伊周は内覧として倹約令を出すが、衣服のの長さなど細部に至るまで厳しく制限を加えたため、公卿から批判の声が高く上がり、人々はその器量を疑った。同4月5日に伊周は関白並みの随身兵仗を賜るも、同10日に最大の後ろ盾である父を失う。

叔父・道長との政争[編集]

その後、17日間にわたる関白の不在を経て、4月27日に道隆のすぐ下の同母弟である道兼が関白・氏長者に就いた。しかしすでに疫病に冒されていた道兼は拝賀の僅か7日後に薨去した。そこで、後継の関白を巡って激しい政争が伊周と道長の間に繰り広げられた。結局5月11日になって道長に文書内覧の宣旨が下り、翌月19日には道長が伊周を越えて右大臣に昇任、氏長者並びに天下執行の宣旨を獲得した。この辺りの子細について、伊周が一条天皇の寵愛深い妹の中宮藤原定子を介し、御意を得ているのをかねてから快からず思っていた東三条院詮子が、夜の御殿に押し入り、渋る一条天皇を泣いて説得した旨を、『大鏡』は記している。

道長と伊周の争いは続く。7月24日に伊周と道長は仗座で氏長者の所領帳の所有をめぐって激しく口論、罵声が外まで聞こえて一座は恐れをなしたという。3日後には伊周の同母弟・隆家の従者が道長の従者と都の大路で乱闘し、8月2日には道長の随身秦久忠が隆家方に殺害される事態に発展。同じ頃、道隆の舅であった従二位高階成忠が道長を呪詛しているも流れた。若い伊周・隆家兄弟に対し、老練な道長は気長に策を練っていた。

長徳の没落[編集]

長徳2年(996年)に発生した長徳の変は、太政大臣藤原為光の四女に通う花山法皇を、自分の思い人の為光三女が目当てと誤解した伊周が隆家と謀って道すがら待ち伏せ、彼らの従者が放ったが法皇のを突き通した一件に発端するとされている[2]。当時、貴族間の暴力事件は決して珍しい事ではなかった[3]が、退位したとは言え天皇に向けて矢を射掛けたという事件は政治問題化した。

正月16日に起きた当事件への道長の反応は素早かった(検非違使別当であった藤原実資から上がるべき事件の報告が道長から実資に伝えられている)。正月25日の県召除目で伊周の円座を撤することを命じ、一件が世上の噂に上るのを待って上意を動かした。2月5日には一条天皇が検非違使別当であった実資に伊周邸、紀伊前司菅原董宣(伊周の家司)宅、及び右兵衛尉致光(伊周の郎等)宅の捜索を許可した。この時の勅命は厳しいもので、五位以上の者の邸宅でも勅許を待たずに捜索を先行させるようにとのことであった。「内府(伊周)は私兵を多く蓄えている」との噂があり、また実際に董宣宅から兵士八人・弓矢二具が見つかり、致光宅から七、八人の兵士が逃げ去ったといい、世の中は騒然とした。「この一件は伊周個人の問題にとどまらず、天皇家藤原氏全体を弾圧する口実を与える可能性さえあった」という見方もある。ところが、2月11日には陣定の最中に、天皇から頭中将藤原斉信に対して内大臣伊周と中納言隆家の罪名勘申の旨を有司に伝達するように命令が出されて道長に伝えられた。以後この事件の捜査は天皇の意向が優先され、道長らの決定が後追いするという展開で進む。同4月1日に法琳寺の僧によって、国家にしか許されない大元帥法を伊周が私に修したことも奏上される。2月24日に至り、花山法皇を射奉る不敬、東三条院呪詛、大元帥法を私に行うこと三ヶ条の罪状により、除目が行われ、内大臣伊周を大宰権帥に、中納言隆家を出雲権守に貶める宣旨が下され、彼らの異母兄弟、外戚高階家、また中宮の乳母子源方理らも左遷されたり殿上籍を削られたりと、悉く勅勘を蒙った。

折りしも懐妊中の中宮定子は前月始めから里第二条北宮に退出しており、左衛門権佐惟宗允亮は御在所の西の対に在る伊周に配流の宣命を伝えたが、伊周は重病を称し、出立を拒んだ。彼は妹定子と相携えて離れず、度重なる勅命にも抗い、数日間膠着状態が続いたが、5月1日早朝になって、朝廷宣旨を降し中宮御所の捜索を聴許。検非違使率いる武士どもが戸を壊し御所に乱入した。この時捕まえられたのは隆家だけで、邸内に伊周の身柄は無かったが、事件の過程を詳らかに記す『栄花物語』「浦々の別れ」巻は、伊周が春日大社や木幡にある父道隆のに参詣し、3日後僧形で帰ったと伝える。彼は数日後、配所に向けて出発した。5月15日伊周を播磨国に、隆家を但馬国に留めるが発せられている。伊周の母貴子は出立の車に取り付いて同行を嘆願したが許されず、やがて病の床に就く。10月初めに伊周は病む母を思って密かに入京し、中宮御所に匿われたが、平孝義らの密告によって、10月11日に捕えられ、改めて大宰府へ護送された(当年の暮れに到着)。そして貴子は10月末に薨去した。

同年12月に定子は失意と悲嘆の中で、一条天皇の第一皇女となる脩子内親王出産する。天皇が定子入内を強く望む一方、東三条院の病気も一向に快方に向かわず、朝廷は遂に長徳3年(997年)4月5日に女院御悩による大赦に託けて大宰権帥伊周・出雲権守隆家兄弟の罪科を赦し、太政官符を以って召還することに決めた。こうして伊周はこの年の12月に帰洛。

その後、長保元年(999年)11月7日に定子は第一皇子の敦康親王を出産し、伊周は一家再興の望みをかけて狂喜したが、奇しくも同じ日、入内6日目の道長の長女彰子女御宣旨が下った。道長は蔵人頭藤原行成をして東三条院と一条天皇に働きかけ、翌長保2年(1000年)2月25日に彰子を立后させて中宮と称し(定子は皇后に横滑り)、一帝二后が現出した。心労に苛まれた定子はその年の暮れの12月15日夜に、第二皇女媄子内親王を出産し、後産が降りぬままに翌日未明に崩御。その時、御産に奉仕していた伊周は座産の姿勢のままで死んだ妹の亡骸を抱き、声も惜しまず慟哭したという。皇后葬送の日、大雪の中を歩行して従った伊周が詠んだ「誰もみな 消えのこるべき 身ならねど ゆき隠れぬる 君ぞ悲しき」との歌が『続古今和歌集』に残る。

翻弄と失意の晩年[編集]

長保3年(1001年)閏12月16日、6日後には崩御するような重病に悩まされる東三条院は、一条天皇に伊周を本位(正三位)に復すよう促したという。なお、この前年の長保2年(1000年)に道長が天皇に伊周復位の奏上を行ったものの、天皇が激怒して断念したとされる[4]。長保5年(1003年)9月22日に伊周は従二位に叙せられ、寛弘2年(1005年)2月25日正式に座次を大臣の下・大納言の上と定められ(准大臣(自称・儀同三司))、翌月26日には改めて昇殿を聴される。4月24日には伊周が極秘に参内をして天皇と会見し[5]、11月13日には朝議に参加した。この間の寛弘元年(1004年)秋には、道長が伊周作の「入寂照の旧房に到る」詩に唱和し、奏上して御製の詩を賜ったという、ささやかな交流の話も伝わる。

長保から寛弘初年にかけて、伊周が徐々に廟堂に復帰して行った背景には、なかなか皇子女を産まない中宮彰子に一条天皇が敦康親王を養わせ、道長もいざという時に備えて親王に奉仕を怠らなかったことが深く関係する。皇位継承の最短路線上にある親王の外舅である伊周に対して、世人は昼は道長に仕えても、夜は密かにその屋敷へ参上し続け、それが敦成親王(後の後一条天皇)の誕生後は絶えてなかったという[6]。この間の寛弘4年(1007年)伊周・隆家兄弟が伊勢国を基盤とする武士の平致頼を抱き込んで、8月2日に平安京を出発して大和国金峰山参詣中の道長に対して暗殺を実行しようとしているとの噂が俄に浮上し[7]、8月13日には道長と連絡を取るために頭中将源頼定が勅使として派遣される。結局暗殺が実行に移されることはなく、8月14日に道長は無事帰京を果たしている。寛弘5年(1008年)9月11日に彰子が一条天皇の第二皇子敦成親王を産んだことは、甥の即位を強く望む伊周にとって致命的な打撃となった。伊周は同年正月16日に大臣に准ぜられ封千戸を賜り(准大臣の宣旨を蒙り、以後は儀同三司と自称)、朝議にも発言権が持てるようになったばかりである。落胆した彼は、敦成親王百日の儀に列席し、請われもしないのにあえて和歌序を執筆し、一座を驚かせた。この時の序文は、『新撰朗詠集』に選ばれるほど素晴らしい出来であったが、時の人々は伊周の挙動を非難したという。寛弘6年(1009年)正月7日に正二位に叙せられるも、翌月20日には中宮と新生の皇子に対する呪詛事件が起き、伊周の叔母高階光子が入獄させられ、伊周は直ちに朝参を止められた。その後4ヶ月も経たぬ6月13日には早くも一件落着して、伊周は朝参を聴され、また帯剣の殊遇も得た。

伊周は失意のうちに翌寛弘7年(1010年)正月28日、37歳の壮年で没したが、大量の飲水・飲食・痩身から糖尿病と考えられる[8]。臨終に際し、彼は后がねに育てた2人の娘へ「くれぐれも、宮仕えをして、親の名に恥をかかせることをしてはならぬ」と、また息子道雅に「人に追従して生きるよりは出家せよ」と遺言したという。死後、その邸である室町第は群盗が入るほど荒廃し果てた。嫡男道雅は、三条院の皇女当子内親王との恋を引き裂かれて以後、官途にも恵まれず多くの乱行に及び、「荒三位」と渾名された。長女は道長の次男頼宗正室として重んぜられ、右大臣俊家・大納言能長をはじめとする多くの子をなした。

駿河大森氏など、子孫を名乗る家もある。

人物[編集]

才名高かった母貴子から文人の血を享けた伊周は属文の卿相として、漢学に関しては一条朝随一の才能を公認され、早くから一条天皇に漢籍を進講した。『本朝麗藻』『本朝文粋』『和漢朗詠集』に多くの秀逸な漢詩文を残し、その感慨に富む筆致は時に世人の涙を誘う[9]。歌集『儀同三司集』は散逸してしまったが、『後拾遺和歌集』(2首)以下の勅撰和歌集に6首が採録されている勅撰歌人である[10]。『大鏡』は彼の不遇を自身の器量不足に求めつつも、その学才が日本のような小国には勿体なかったという。

また、その容姿は端麗だったと『枕草子』『栄花物語』などに見える。

系譜[編集]

以下は一部の系図に記載が見られるが、後世の仮冒と考えられている[12]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本紀略』『公卿補任』『尊卑分脈』による。『権記』は29日、『小記目録』は30日とする。
  2. ^ 栄花物語』巻第四,みはてぬゆめ。なお『小右記』によれば、法皇の従者の中に2名の死者が出たとされる。
  3. ^ 関口力は時期的に御屠蘇気分の中で発生した揉め事が拡大解釈されたと説く(関口力『摂関時代文化史研究』(思文閣出版2007年) P234-235)。倉本一宏は事実として確認できるのは、隆家の従者と法皇の従者の揉め事が為光邸前で起きたことに過ぎないとして女性問題原因説に懐疑的な立場を取る(倉本一宏『一条天皇』(吉川弘文館人物叢書、2003年) P68)。この年の『小右記』は正月16日から2月5日までの間に大きな脱落があり、わずかに『三条西家重書古文書一』所収の『九条殿記裏書』に引かれる『野抄記』逸文から、「正月十六日、右府消息云、花山法皇・内大臣・中納言隆家相遇故一条太政大臣家、有闘乱之事、御童子二人殺害、取首持去云々」の一文が知られるのみである。
  4. ^ 権記』長保2年5月25日条
  5. ^ 『小右記』寛弘2年4月25日条
  6. ^ 古事談
  7. ^ 『小右記』寛弘4年8月9日条
  8. ^ 「日ごろ水がちに、御台などもいかなることにかとまできこしめせど、あやしうありし人にもあらず、細りたまひにけり」『栄花物語』巻第八,はつはな。(『新編 日本古典文学全集 栄花物語1』小学館1995年、441頁)。
  9. ^ 寛弘2年(1005年)道長邸の作文会での伊周作は「毎句有感、満座拭涙」する有様だった(『小右記』同年4月1日条)。
  10. ^ 『勅撰作者部類』
  11. ^ 御堂関白記』寛仁2年10月22日条
  12. ^ 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店1963年等による。
  13. ^ 『大森葛山系図』による。
  14. ^ 武蔵七党系図』による。