紀伊国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 南海道 > 紀伊国
紀伊国
地図 令制国 紀伊国.svg
-紀伊国
-南海道
別称 紀州(きしゅう)
きのくに
所属 南海道
相当領域 和歌山県三重県南部
諸元
国力 上国
距離 近国
7郡55郷
国内主要施設
紀伊国府 和歌山県和歌山市
紀伊国分寺 和歌山県紀の川市紀伊国分寺跡
紀伊国分尼寺 (推定)和歌山県岩出市
一宮 日前神宮・國懸神宮(和歌山県和歌山市)
丹生都比売神社(和歌山県伊都郡かつらぎ町
伊太祁曽神社(和歌山県和歌山市)
テンプレートを表示

紀伊国(きいのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。南海道に属する。

「紀伊」の名称と由来[編集]

7世紀に成立した当初は、木国(現代の標準語共通語表記:きのくに)であった。名称の由来として、雨が多く森林が生い茂っている様相から「木国」と命名された、という説がある。また、今の和歌山県北部が、有力豪族である紀氏が支配していた地域であるから「紀の国」というようになった、という説もある。実際に、律令制以前の紀伊国は紀伊国造の領土のみであり、熊野国造の領土(牟婁郡)を含まなかった。

和銅6年(713年)に「雅字(良い文字の意)二文字で国名を表すように」との勅令が出された時、紀伊国と表記するようになった。現代の近畿方言では「木」(き)、「目」(め)、「手」(て)のように、標準語・共通語における1拍語を母音を変化させて2拍語にする例が見られるが、木国も同様、もともと当地の発音で「きのくに」だったため当て字して「紀伊国」とした、とする説がある[1]。逆に、「紀伊国」と書きながら「伊」は黙字で、後に「きいのくに」と読まれるようになった、とする説もある[2]。ただし、奈良時代の日本語の発音は不明の点も多く、はっきりしない。

沿革[編集]

7世紀に成立した。

紀伊国は歴史が古く、『古事記』には神武天皇が大和に入る時に紀伊熊野を通ったとされるなど、事実はともかく、奈良盆地を地盤とするヤマト王権から知られた国であった。王権は、海人集団を部民に編成する海部の設定を進めた。また、忌部の設定は「紀氏集団」の在地の祭祀権を揺るがした。しかし、部民の設定は充分に展開しなかった。王権はつぎに国造制の導入と屯倉の設定という方策をとった。

天皇や皇后の紀伊行幸で史料に現れた確実な例は、斉明天皇658年(斉明4年)紀温湯(牟呂温湯)行幸である。 この11月に有馬皇子の事件が起きた[3]

奈良時代の官衙遺跡の確実な例として、御坊市の堅田遺跡が挙げられる。この遺跡では、周りに柵か塀をめぐらしており、その内区には庇のついた掘立柱建物を中心に建物が全体として「コ」の字状に建てられており、外区には倉庫群が二組建てられていたようである。この堅田遺跡は8世紀前半から後半にかけての遺跡で、付近に「西郡」の名の字が残っているところから考えて、日高郡衙跡に比定されている。

平安時代後期に熊野三山(熊野本宮、熊野新宮、熊野那智の連合体)が成立し、太上天皇(上皇)による熊野御幸がおこなわれるようになると、熊野古道が整備され熊野詣が流行った。その他、紀州の三井寺とされた紀三井寺、空海の高野山金剛峯寺道成寺根来寺など大寺大社が紀州の地に建てられた。

平安時代末期には、特に有田郡の湯浅地方を中心に湯浅党の武士団、口熊野の田辺・奥熊野の新宮付近に熊野別当家を総帥とする熊野水軍が発達し勢力を伸ばした。この湯浅党の武士団は平氏方、熊野水軍は源氏方として源平合戦にも関与した。

平安時代までは現在の大紀町南部や紀北町尾鷲市志摩国に属していたが、後に紀伊国に入れ替えられた。

南北朝時代は湯浅党を中心に南朝勢力が強い国の一つだった。
南北朝合一後は畠山氏が守護であったが、寺社勢力が強力なために、その支配力は限定的なものにとどまった。

戦国時代には、ルイス・フロイスが「紀州の地には四つ五つの共和国的な存在があり、いかなる権力者もそれを滅ぼすことができなかった[4]」と述べている通り、雑賀衆に代表される国人衆や寺社勢力が割拠する状態が続いた。紀伊の割拠状態は1585年(天正13)の羽柴秀吉による紀州征伐によって終焉した。紀伊の最有力勢力である雑賀衆と根来寺は、小牧・長久手の戦いの際、秀吉の留守に乗じ岸和田城や大坂に侵攻していたが撃退され、秀吉の信雄・家康らとの和睦後、雑賀攻めを招いた。秀吉方は3月20日に出兵し、和泉の諸城を落として紀州に攻め入り、23日に根来寺を焼き討ちした。紀州の国人や各地の戦闘で敗れた残党なども加わって小さな太田城で抵抗したが、秀吉は水攻めで約一ヶ月後に降伏させた。平定後は刀狩りを命じ、跡を秀長に任せ、和歌山城を築造した。

関ヶ原の戦いの後は浅野幸長が入封した(紀州藩)。1619年に浅野氏安芸広島へ転封されると、徳川家康の十男徳川頼宣和歌山に入封し、幕末まで紀州徳川家が統治した。

近世以降の沿革[編集]

国内の施設[編集]

国府[編集]

国府は名草郡、現在の和歌山市府中と推定されるが、遺跡は未だ発見されていない。

国分寺・国分尼寺[編集]

紀の川市打田町。
  • 紀伊国分尼寺跡
岩出市西国分廃寺。

これらの寺院跡発掘調査で瓦積み基壇が確認されている。

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、大社13座13社・小社18座15社の計31座28社が記載されている。大社13社は以下に示すもので、熊野早玉神社を除いて名神大社である。
総社一宮
  • 総社:府守神社または惣社(大屋都姫神社に合祀) - ただし確証はない
  • 一宮
    • 日前・国懸神宮 (2社で1社)
    • 丹生都比売神社 - 「天野大社」とも。高野山と関係が深く、鎌倉時代から一宮を主張して以後は日前・国懸神宮とともに一宮とされた
    • 伊太祁曽神社 - 中世以降一宮を主張。社伝によれば元々は伊太祁曽神社が一宮であったのが、日前・国懸神宮に奪われたとしている

地域[編集]

[編集]

※はじめの郡名は『延喜式』・『和名抄』による。 ※郡の後は8世紀の史料に見える郷名。

江戸時代の藩[編集]

紀伊国の藩の一覧
藩名 居城 藩主
紀州藩 和歌山城 桑山家 (1600年~1601年、2万石)→大和新庄藩2万石に転封

浅野家 (1601年~1619年、37万6千石)→安芸広島藩42万石に転封
紀州徳川家 (1619年~1871年、55万5千石)

紀伊田辺藩 田辺城 安藤家 (紀州藩附家老、1619年~1871年、3万8千石)
紀伊新宮藩 新宮城 水野家 (紀州藩附家老、1619年~1871年、3万5千石)

人物[編集]

国司[編集]

紀伊守[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

氏名 在職期間 出身家
1 豊島有経
としま ありつね
治承8年 - 不詳
1184年 - 不詳
豊島家
2 佐原義連
さはら よしつら
不詳 - 建仁3年
不詳 - 1203年
三浦家
3 後鳥羽上皇御計
建永2年 - 承久3年
1207年 - 1221年
-
4 三浦義村
みうら よしむら
承久3年 - 不詳
1221年 - 不詳
三浦家
5 佐原家連
さはら いえつら
貞応2年 - 嘉禎3年
1223年 - 1237年
佐原家
6 北条久時
ほうじょう ひさとき
弘安3年 - 不詳
1280年 - 不詳
赤橋流北条家
7 北条時兼
ほうじょう ときかね
正応4年 - 不詳
1291年 - 不詳
普恩寺流北条家
8 北条氏
不詳 - 元弘3年
不詳 - 1333年
北条家

室町幕府[編集]

氏名 在職期間 出身家
1 畠山国清
はたけやま くにきよ
建武3年 - 観応2年
1336年 - 1351年
河内畠山家
2 畠山国清
はたけやま くにきよ
延文5年
1360年
河内畠山家
3 細川氏春
ほそかわ うじはる
応安6年 - 不詳
1373年 - 不詳
細川家
4 細川業秀
ほそかわ なりひで
永和4年
1378年
細川家
5 山名義理
やまな よしただ
永和4年 - 明徳2年
1378年 - 1391年
山名家
6 大内義弘
おおうち よしひろ
明徳3年 - 応永6年
1392年 - 1399年
周防大内家
7 畠山基国
はたけやま もとくに
応永6年 - 応永13年
1399年 - 1406年
河内畠山家
8 畠山満慶
はたけやま みつのり
応永13年 - 応永15年
1406年 - 1408年
河内畠山家
9 畠山満家
はたけやま みついえ
応永15年 - 永享5年
1408年 - 1433年
河内畠山家
10 畠山持国
はたけやま もちくに
永享5年 - 嘉吉元年
1433年 - 1441年
河内畠山家
11 畠山持永
はたけやま もちなが
嘉吉元年
1441年
河内畠山家
12 畠山持国
はたけやま もちくに
嘉吉元年 - 享徳4年
1441年 - 1455年
河内畠山家
13 畠山義就
はたけやま よしひろ
享徳4年 - 長禄4年
1455年 - 1460年
河内畠山家
14 畠山政長
はたけやま まさなが
長禄4年 - 応仁元年
1460年 - 1467年
河内畠山家
15 畠山義就
はたけやま よしひろ
応仁元年
1467年
河内畠山家
16 畠山政長
はたけやま まさなが
応仁元年 - 明応2年
1467年 - 1493年
河内畠山家
17 畠山義豊
はたけやま よしとよ
明応2年 - 明応8年
1493年 - 1499年
総州畠山家
18 畠山義英
はたけやま よしひで
明応8年 - 永正元年
1499年 - 1504年
総州畠山家
19 畠山尚順
はたけやま ひさよし
永正4年 - 永正14年
1507年 - 1517年
尾州畠山家
20 畠山稙長
はたけやま たねなが
永正14年 - 天文14年
1517年 - 1545年
尾州畠山家
21 畠山政国
はたけやま まさくに
天文14年 - 天文19年
1545年 - 1550年
尾州畠山家
22 畠山高政
はたけやま たかまさ
天文19年 - 不詳
1550年 - 不詳
尾州畠山家

戦国大名[編集]

  • 紀伊国は国人領主の力が強く、強力な戦国大名は誕生しなかった。
  • 豊臣政権の大名

武家官位としての紀伊守[編集]

江戸時代以前[編集]

江戸時代[編集]

紀伊国の合戦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 狂言における関西訛せりふ考 (PDF)名古屋女子大学
  2. ^ 紀伊國屋文左衛門紀伊國屋書店のように、後世においても「伊」を読まない例がある。
  3. ^ 孝徳天皇の子で、事件を有馬皇子の変という。『万葉集』巻二の「挽歌」の項に有馬皇子の歌二首がおさめられている。
    有馬皇子、自ら傷みて松が枝を結ぶ歌二首
    • 磐代(いわしろ)の 浜松が枝を 引き結び ま幸くあらば またかへりみむ(2-141) 磐代は現在の日高郡南部町岩代
    • 家にあれば 笥に盛る飯を 草枕 旅にしあれば 椎の葉に盛る(2-142)
  4. ^ 『中世終焉――秀吉の太田城水攻めを考える』(清文堂出版、2008年) ISBN 978-4-7924-0652-3 冒頭より。
  5. ^ 記載はすでに新宮藩・田辺藩となっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]


歴史[編集]


列車名[編集]

かつて存在した列車名[編集]

鉄道駅名[編集]

ほかの駅との区別などの目的で「紀伊」を冠している駅が全部で25駅ある。他に紀伊駅もある。