掌侍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

掌侍(ないしのじょう)とは、律令制における女官の1つ。本来は内侍司判官だったが、後に尚侍典侍とともに後宮全体の実務を取り仕切る立場となった。掌侍の第一臈を特に勾当内侍(こうとうのないし)といった。

概要[編集]

掌侍は尚侍・典侍に従って天皇に近侍し、命婦女孺らを指揮して内裏内部の儀礼や事務処理を行った。平安時代中期以後、内裏後宮が内侍司を中心に再編され、更に尚侍が后妃、典侍が乳母に対する待遇としての意味合いも持つようになると、掌侍の重要性は高まり、内裏の女官を統率するようになる。また天皇の行幸に従ったり、諸社の祭礼の使者に立てられることもあった。江戸時代には御所の清掃・天皇の配膳・皇后の御櫛上及び御湯殿の御用などを務め、羽林家名家より選ばれることが多かった。

勾当内侍[編集]

勾当内侍(こうとうのないし)とは、掌侍の上首、つまり第一臈のこと。勾当とはある事を専管事項として担当することを意味する語で、八咫鏡を安置する内侍所の勾当を務めたことからこの名がついた。また御所の「長橋」に居室があったことから、長橋局(ながはしのつぼね)とも呼ばれた。呼び名は自己の氏や父兄の官職の名称にちなんで呼ばれることが多かった。

宮中における経理・総務・人事・庶務などの事務処理全般を統括し、更に官位などの要望取次や訴訟などの実請伝宣など天皇と宮中内外との取次を担当した。尚侍が后妃化して内裏のことを行わなくなると、従来尚侍の権限とされていた内侍宣発給の手続を勾当内侍が代わりに行うようになり、内侍宣が廃れると代わりに女房奉書を掌るようになった。そのため、古くは尚侍で最も年長者がこの役目を担っていたが、室町時代以後には天皇による任命に代わった。この権限は江戸時代末期まで続き[1]礼銭などの収入も多く「千両長橋」の異名を持つ者もいた。勾当内侍と他の掌侍との差は大きく、掌侍は従五位の待遇を受けるのに対して勾当内侍は正五位下の待遇を受けた。また知行も他の掌侍は100石であったのに対して勾当内侍は200石を与えられていた。江戸時代の女官で最高位の典侍の知行は120石だったので、勾当内侍の知行はそれさえも上回る女官中最高のものだった[2]。さらに天皇の代替わり時に掌侍は新帝が新たに任命した掌侍(主として東宮御所時代の女官)と交替して内裏を去り、譲位の場合には新院とともに仙洞御所に移り、崩御の場合には落飾出家するのに対して、勾当内侍のみは引き続き新帝に仕えて、引退もしくは卒去時に典侍への昇進が取り図られる場合もあった。

太平記』に登場する一条経尹の娘で新田義貞の妻と伝わる勾当内侍は特に著名で、様々な伝説を残している。

補注・出典[編集]

  1. ^ 後桃園天皇の時代に大御乳人を務めた松室鎮子の「後桃園天皇大御乳覚帳」(宮内庁書陵部所蔵)には、勾当内侍の職務として女官・稚児の採用及び元服、天皇の祈祷料支出・公家の拝借金申請の処理、寺社や御用商人や江戸幕府禁裏附との交渉、儀式の際の祝儀などの進物処理、天皇及び宮廷内外との連絡などが挙げられている(高橋、2009年、P136)。
  2. ^ 高橋、2009年、P4-5

参考文献[編集]

  • 加納重文「掌侍」、『平安時代史事典』所収、角川書店、1994年、ISBN 978-4-040-31700-7
  • 山中裕「勾当内侍」、『国史大辞典 5』所収、吉川弘文館、1985年、ISBN 978-4-642-00505-0
  • 脇田晴子「勾当内侍」、『日本歴史大事典 2』所収、小学館、2000年、ISBN 978-4-09-523002-3
  • 高橋博「近世後期における掌侍の制度的検討」『近世の朝廷と女官制度』第四章所収、吉川弘文館、2009年、ISBN 978-4-642-03439-5

関連項目[編集]

  • 内侍
  • 准位
  • 命婦(江戸時代には命婦第二臈の「大御乳人」が勾当内侍の補佐役を務めた)