敦康親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
敦康親王
続柄 一条天皇第一皇子
全名 敦康(あつやす)
身位 一品・親王准三宮
出生 長保元年11月7日999年12月17日
死去 寛仁2年12月17日1019年1月25日)(享年20)
配偶者 祇子女王(具平親王次女)
子女 嫄子女王
父親 一条天皇
母親 皇后藤原定子
役職 大宰帥
式部卿
テンプレートを表示

敦康親王(あつやすしんのう、長保元年11月7日999年12月17日) - 寛仁2年12月17日1019年1月25日))は平安時代中期の皇族。第66代一条天皇の第1皇子、母は皇后藤原定子

生涯[編集]

長保元年(999年中宮大進平生昌邸において誕生。后腹の第1皇子であったが、当時外祖父である中関白藤原道隆は既に亡く、また伯父伊周の失脚で母の実家は没落し力を失っていた。しかも敦康の誕生と同日に藤原道長の長女彰子女御宣下を受けていた。

誕生翌年の長保2年(1000年)4月18日、親王宣下を受けたが、同年末、2歳で母后を失った。その後、母后の末妹(御匣殿、道隆四女)が母代として宮中で親王とその姉妹の脩子媄子内親王を養育した。しかし御匣殿も程なく没したため、父帝の配慮でまだ子がなかった中宮彰子に養育が託され、他の姉妹と離れて彰子の局飛香舎に移された[1]。長保3年(1001年)11月13日、同所にて着袴[2]。同年、天皇側近の藤原行成が親王家の勅別当に任命された。

中宮彰子は親王を愛情を込めて育てたが、道長は全く別の意味で親王に奉仕していた。道長はかつて親王の外舅伊周・隆家兄弟を失脚させ、親王の生母定子にも非礼を働いていた[3]。道長にとって、敦康親王は彰子に皇子誕生がなかった時の保険[4]に過ぎず、そのため、寛弘5年(1008年)9月、彰子に第2皇子敦成親王(のちの後一条天皇)が生まれると道長は敦康親王への奉仕を放棄し、ひたすら敦成親王の立坊・即位を望むようになる。

寛弘7年(1010年)1月29日、伯父伊周が薨去。正二位准大臣の高位にあった伯父の死は、敦康親王の立場をさらに弱めた。同年7月17日、親王は道長の加冠により元服し、三品大宰帥に任ぜられた。翌寛弘8年(1011年)6月2日、一品に叙せられ三宮に准ぜられた。これに先立ち、5月27日、譲位を考えていた一条天皇は敦康親王立太子の可否を親王家別当の行成に問うたが、行成は文徳天皇惟喬親王の例を引き、執政者道長の賛成が得難く政変の可能性まであるとした上で、親王の母后の外戚家高階氏が伊勢の大神宮に憚る所あり[5]と言い、諌止した[6]。このため、敦康親王叙一品の10日後、皇太子に立てられたのは4歳の異母弟敦成親王であった[7]。中宮彰子は天皇と自分の意向に逆らった父道長を怨んだという[8]

敦康親王は『大鏡』に「御才(ざえ)いとかしこう、御心ばへもいとめでたうぞおはしましし」と記され、その才華・人品は当時の公卿日記にも詳しい。父もこの親王を愛しむ心深かった[9]が、道長の意向を憚り立太子は実現しなかった。后腹の第1皇子が立太子できなかったのは異例のことで[10]、世人は親王に多大な同情を寄せたという[11]

長和年間の敦康親王は、自邸で作文会歌合法華八講を催し、大井河に遊覧するなど、風雅の道に生きた。長和2年(1013年)12月10日、中務卿具平親王の次女を娶る。長和5年(1016年)1月29日、式部卿に転じた。寛仁2年(1018年)12月17日、にわかに発病し、出家の後、薨去。享年20。

親王は道長の嫡男摂政頼通と親しく、相婿となり家を共にしていた[12]。薨去後、親王妃は出家[13]、残された一女嫄子女王は頼通・隆姫女王夫婦に引き取られ、のちに後朱雀天皇に入内した。

参考文献[編集]

(一次史料の『権記』『小右記』『日本紀略』『大鏡』『栄花物語』を除く。)

  • 下玉利百合子 『枕草子周辺論 続編』 笠間書院
  • 下玉利百合子 『枕草子周辺論』 笠間書院

脚注[編集]

  1. ^ 『権記』長保3年(1001年)8月3日条によれば、「漢明帝令馬皇后愛養粛宗之故事」(後漢明帝馬皇后に生さぬ仲の粛宗を養育させた故事)を藤原行成が奏上したのが聞き入れられて養子縁組が実現したという。
  2. ^ 七五三を参照。
  3. ^ 長保元年(999年)8月9日定子が敦康親王出産のため内裏を退出する際、道長は宇治の別荘へ公卿連を引き連れて遊びに行っており、定子の内裏退出を取り仕切る者がいなかった(結局藤原時光が病気・物忌にかかわらず参内し取り仕切った)。
  4. ^ 当時、藤原公季藤原顕光の娘も入内しており、彰子にのみ男子が生まれなかった場合、道長は父藤原兼家の血統を受け継ぐ唯一の男子皇族である敦康親王を擁立するしかなかった。
  5. ^ 定子・伊周の母方の高祖父高階師尚は、伊勢神宮に仕えていた斎宮恬子内親王在原業平が密通して出来た子とする説(『尊卑分脈』)があった。しかし近年ではこの権記の部分は後世の加筆ではないかと言われている。実は『権記』は原本が存在しておらず、この話の根拠となっているのは宮内庁書陵部蔵の伏見宮本であり院政期の『江家次第』『古今集目録』や鎌倉時代の『古事談』や『宝物集』にもこの逸話が出てくるようになった。
  6. ^ 関口力は行成が摂政藤原伊尹の孫でありながら幼くして孤児同然になった経歴を挙げ、「経験的に体得した現実主義的哲学に基づく親身な忠告」であり、必ずしも道長に迎合したものとは言えないと指摘する。また、行成は敦康親王が亡くなるまでその家司を務めている(関口力『摂関時代文化史研究』(思文閣出版2007年ISBN 978-4-7842-1344-3 P37-38及び157-161)。
  7. ^ 一品親王は二品を受けて20年を経て叙されるかどうかという地位で、12歳の敦康親王が叙せられるのは、皇位継承から排除される代償であったと言える(安田政彦「一品親王」『平安時代皇親の研究』(吉川弘文館、1998年))。一条天皇は譲位の対面において東宮居貞親王に敦康親王の優遇を要求し、東宮は「仰せなくとも、奉仕すべき事」と返答した。親王の参内が行われるなど(『小右記』長和元年7月22日条)、三条天皇は親王の処遇に留意している。
  8. ^ 一連の経緯は『権記』『栄花物語』に詳しいが、彰子が父を怨んだ原因については、『栄花物語』は彰子が一条の後継者に敦康を推したのを道長に反対されたためとし、『権記』は一条譲位の件を東宮居貞(のちの三条天皇)に伝えるのに彰子の直廬の前を素通りにした隔意を感じたためと見る。
  9. ^ 寛弘2年(1005年)11月13日、飛香舎における親王の読書始に際し、天皇は密かに渡御、さらに儀式の最中に屏風を押しのけ、その様子を覗いていたという(『小右記』当日条)。『権記』にも、天皇の勅旨を受けた藤原行成が親王のために奔走する記事が多い。
  10. ^ 天武朝以後、天皇の正妻所生の長子は、16人中14人が立太子しており、夭折した敦文親王をのぞけば、敦康は立太子できなかった唯一の例(倉本一宏『一条天皇』(人物叢書吉川弘文館2003年ISBN 4-642-05229-1 P192-193)。
  11. ^ 藤原公任は「帥宮(敦康親王)才智太朗(ハナハダアキラカ)、尤足感歎、足感歎」と言い(『小右記長和2年9月23日条、西暦1013年で親王は満13歳)。同じく『小右記』寛仁2年12月26日条によれば、敦康親王の喪中に明年の朝拝および二宮大饗等を強行しようとして、式明親王の例を引く道長に対して、実資は「式部卿親王(敦康親王)甚無止(甚だやんごとなき)、彼式明親王尤劣者」と言い切り、朝拝と大饗の停止を是としたという。また『大鏡』は、敦康親王が「冷泉院の宮達などのやうに、軽々におはしまさましかば、いとほしさもよろしくや、世の人思ひまさまし」(「親王に冷泉院の宮たち(冷泉院の第3皇子為尊・第4皇子敦道の両親王。ともに好色で知られ、和泉式部との恋愛で世の謗りを受けた)のような軽々しいところが少しでもあったら、世間の同情もさほどでなくて済んだものを」)と述べた。
  12. ^ 親王妃は一時頼通夫妻が養育していたともいい、婚儀に際して一切を頼通が取り仕切り、その室礼などは甚だ「過差」(贅沢)であったと『御堂関白記』に見える。
  13. ^ 「南院の上」とよばれ、実娘嫄子よりも長生きしたらしい(『栄花物語』)。