藤原斉信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
藤原斉信
時代 平安時代中期
生誕 康保4年(967年
死没 長元8年3月23日1035年5月3日
官位 正二位大納言
主君 円融天皇花山天皇一条天皇三条天皇後一条天皇
氏族 藤原北家九条流
父母 父:藤原為光、母:藤原敦敏
兄弟 誠信斉信藤原義懐室、忯子、長信、尋光、道信公信、寝殿の御方、儼子、穠子、良光、藤原隆家室、安芸守家平室
永慶、良斉、源頼清室、源宗家室、
藤原長家室、源定宗室
養子:公信経任斉長
テンプレートを表示

藤原 斉信(ふじわら の ただのぶ)は、平安時代中期の公卿歌人藤原北家太政大臣藤原為光の次男。官位正二位大納言四納言の一人。

経歴[編集]

天元4年(981年従五位下叙爵し、永観2年(984年)従五位上・侍従に叙任される。右兵衛佐近衛少将/中将を経て、正暦5年(994年蔵人頭となる。斉信は蔵人頭としての職掌もあって中関白家出身の中宮藤原定子のサロンに近しく出入りしていた様子がうかがえる[1]。しかし、長徳元年(995年)4月の関白藤原道隆の薨去を通じて、中関白家から距離を置いて藤原道長に接近したらしく[2]、長徳2年(996年)に発生した長徳の変により、中関白家の藤原伊周隆家兄弟が左遷された当日に、斉信は参議に任ぜられ公卿に列している。なお、左近衛中将を引き続き兼帯し、参議が近衛中将を兼ねる初例となった。

参議任官時の年齢は30歳と、兄・誠信の25歳に比べてここまでの昇進は遅れたが、その後は長保元年(999年正四位下、長保2年(1000年従三位と急速に昇進し、参議任官後4年余りで官位面で誠信に肩を並べる。長保3年(1001年)には藤原懐平菅原輔正藤原誠信の上位者3名を越えて権中納言に任ぜられる。この昇進に関して、誠信は自分が権中納言への昇任申請をするので、斉信に対して今回は辞退するように念押ししていたが、左大臣・藤原道長から誠信は昇任できそうもないため昇任申請をするように勧められた斉信が結局申請して権中納言に任ぜられ、この経緯を知った誠信が憤死したとの逸話がある[3]。また、斉信の能力が優れていたために、誠信を越えて昇進したともされる[4]

斉信は藤原道長の腹心の一人として一条天皇の治世を支え、藤原公任藤原行成源俊賢と共に一条朝の四納言と称されが、中でも斉信はいわゆる属文の卿相として、藤原行成と共に公私に亘る詩会に熱心に参加した[5]。同じく漢詩を好んだ藤原道長が開催した詩会の常連で、時には道長らと長時間作詩に没頭するといった道長に対する忠勤ぶりを、藤原実資からは「親昵の卿相」「恪勤の上達部」と呼ばれて痛烈に批判されている[6]

権中納言昇進後も、中宮(権)大夫として道長の長女の中宮藤原彰子に仕える一方で、寛弘元年(1004年従二位、寛弘5年(1008年正二位と順調に昇進し、寛弘6年(1009年)には権大納言に昇進。藤原公任を越えて、四納言の筆頭格となった。

長和2年(1013年)道長の娘で三条天皇の中宮であった藤原妍子御所として使用されていた東三条殿が焼亡したが、斉信は直ちに郁芳門殿を空けて、妍子の滞在場所とするために提供。道長はこれに非常に感動したことを日記に書きとどめている[7]

寛仁元年(1017年)道長が左大臣から太政大臣に昇進し、順送り人事で内大臣職が空席となるが、6名の(権)大納言の内で一番若い、道長嫡子の頼通内大臣に昇進。斉信はここで初めて他者に官位を超えられる。寛仁4年(1020年)大納言に昇進し、太政官の第4位の席次を占める。治安元年(1021年)5月に左大臣・藤原顕光の死没を受けての人事異動で、大臣の席が2つ空き、右大臣には上席の大納言・藤原実資が任ぜられるが、内大臣には20歳近く若い道長五男の権大納言・藤原教通が任ぜられ、斉信は再び道長の子息に昇進面で後塵を拝した。

同年10月に斉信は娘を道長六男の藤原長家の室に望む。長家は前年に室(藤原行成の娘)を亡くしたばかりでもあり一旦この話を拒絶するが[8]、道長の仲介もあってまもなく長家は同意し[9]婚儀は行われた。しかし、斉信家での頓死者の存在を隠して婚儀を強引に行ったらしく、直後の豊明節会において大歌所別当を務めるはずであった斉信は参上せず、その後の臨時祭でも長家が祭使を辞任し、舞人を務めた藤原経輔も婚礼の夜に斉信邸を訪問していて觸穢が及ぶ事態となった[10]。このように強引に進めた婚儀であったが、万寿2年(1025年)流行していた赤斑瘡のために、長家室は妊娠7ヶ月で早産して胎児は死亡[11]、母は尼となり、斉信は一生涯を食さないとの大願をかけたが[12]、間もなく室本人も病死してしまった[13]。娘を亡くした斉信の悲嘆は甚だしく、父・為光が娘の忯子の追善のために建立した法住寺で開催した七十七日法要では、言葉を発することができず、力を落として歩くことすら困難な様子であったという[14]

治安元年(1021年)以降は唯一の正官の大納言であった斉信は大臣への任官を強く望んでいたらしく、治安3年(1022年)に父・為光が大臣任官を望んで建立した安禅寺で、斉信は子・永慶に内大臣任官の祈祷をさせているとの噂が出たり[15]、長元2年(1029年)9月には関白・藤原頼通が一時重態に陥るが、斉信が大臣を望んでいたこととの関連が取り沙汰されたという[16]。しかし、同年10月に太政大臣藤原公季が薨じるが太政大臣の後任は立てられず、その後も高齢の右大臣・藤原実資は90歳近い長寿を保ち、左大臣・藤原頼通、内大臣・藤原教通との3人の大臣体制が長く続いたため、ついに斉信の大臣任官は叶うことがなかった。

長元8年(1035年)3月23日薨去。享年69。最終官位は大納言正二位民部卿兼中宮大夫。病に苦しむことなく没したという[17]

人物[編集]

和歌漢詩を始め、朗詠管絃にも通じ、当代随一の文化人としての名声も高かった。清少納言との交流でも知られ、『枕草子』の中にもたびたび登場し、その艶やかな振る舞いを描写されている。勅撰歌人として『後拾遺和歌集』(1首)以下の勅撰和歌集に6首が入首している[18]

官歴[編集]

公卿補任』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『枕草子』78段
  2. ^ 『枕草子』156段,157段
  3. ^ 『大鏡』巻3,太政大臣為光
  4. ^ 『十訓抄』第9
  5. ^ 後藤昭雄「一条朝詩壇と『本朝麗藻』」『平安朝漢文学論考』所収。今浜通隆「『本朝麗藻』全注釈(八)」『並木の里』23号
  6. ^ 『小右記』寛弘二年5月13日条
  7. ^ 『御堂関白記』長和2年正月16日条
  8. ^ 『小右記』治安元年10月14日条
  9. ^ 『小右記』治安元年10月28日条
  10. ^ 『小右記』治安元年11月23日,25日条
  11. ^ 『小右記』万寿2年8月27日条
  12. ^ 『小右記』万寿2年8月28日条
  13. ^ 『小右記』万寿2年8月29日条
  14. ^ 『小右記』万寿2年10月22日条
  15. ^ 『小右記』治安3年閏9月29日条
  16. ^ 『小右記』長元2年9月14日条
  17. ^ 『公卿補任』
  18. ^ 『勅撰作者部類』

出典[編集]

  • 福井迪子「藤原斉信の人間像--「小右記」を中心に」『語文研究』66-67号、九州大学国語国文学会、1989年
  • 福井迪子「藤原斉信考--文芸面から」『語文研究』44-45号、九州大学国語国文学会、1978年
  • 田畑千恵子「枕草子「かへる年の二月二十余日」の段の位相」『国文学研究』80号、早稲田大学国文学会、1983年
  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第一篇』吉川弘文館、1987年