臨時祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

臨時祭(りんじさい)とは、特別な目的をもって実施される神社祭祀

概要[編集]

大きく分けると2種類存在する。

1つは、『延喜式』に規定された「恒例祭」以外の臨時の祭りを指す。遷宮、天皇即位行幸、国家的危機の時などに実施されるものを指す。

もう1つは、平安時代中期以後に登場した天皇の発願に由来して、朝廷における年中行事として定着した有力神社の祭祀を指す。恒例祭が勅使の派遣によって臨時祭化した平野臨時祭以外は、各神社においては恒例祭とは別に新たに始められた祭祀である。889年(寛平元年)に宇多天皇の御願で開始され、899年(昌泰2年)に恒例化された賀茂神社の臨時祭(11月下酉日)、942年(天慶5年)に朱雀天皇の御願で開始され、971年(天禄2年)に恒例化された石清水八幡宮の臨時祭(3月中午日)、985年(寛和元年)に花山天皇の御願で開始された平野神社の臨時祭(4月11月の両上申日)、1124年(天治元年)に崇徳天皇の御願で開始された祇園神社の臨時祭(祇園祭翌日)などがある。これらの祭りには毎年勅使が派遣されて祭幣・歌舞・走馬などが奉納され、天皇の宝祚と皇統の長久が祈願された。多くは室町時代に中絶し、幕末に復興された賀茂・石清水の臨時祭も1870年(明治3年)に廃止が命じられた。

参考文献[編集]