勅使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勅使(ちょくし)とは、勅旨を伝えるために天皇が派遣(差遣)する使者のこと[1]

上皇の使者は院使(いんし)、皇后の使者は皇后宮使(こうごうぐうし)、中宮の使者は中宮使(ちゅうぐうし)、皇太后の使者は皇太后宮使(こうたいごうぐうし)、女院の使者は女院使(にょいんし)と呼ばれる。

概説[編集]

概要[編集]

勅使は天皇の命を伝える使者のことで、特に伊勢神宮やその他の諸大社に遣わされる祭使(奉幣使)を称した[2]。毎年決まった時期に奉幣のために派遣される勅使を例幣使といい、伊勢神宮には伊勢例幣使、日光東照宮には日光例幣使が遣わされた。また、伊勢神宮には国家の重大事に際して、三位および参議以上の公卿が差遣されることがあり、これを公卿勅使と称した[3]

主に鎌倉幕府成立以降、勅使は将軍宣下勅令の伝達を主として担った。江戸幕府では勅使参向に際し、外様大名の中から勅使や院使の饗応役を任じてこれを接遇した。

勅使は天皇の代理としての資格を以って宣旨を伝達することから、勅使を迎える者が、たとえ官位において勅使よりも上位であったとしても、天皇への臣礼同様、敬意を払うこととされた。江戸時代将軍宣下江戸城内で行われるようになると、勅使は下座に坐し、将軍が上座に坐すという変則が常態化した[4]。しかし、これも幕末になると尊王思想の浸透により、公武の権威が再び逆転、勅使が上座、将軍が下座となる。

勅使殿・勅使門[編集]

勅使を受け入れる施設や宿場、寺社には勅使専用の部屋や門を造り、現在でも勅使の間、勅使門として残されているところがある。勅使門は、勅願寺において勅使を送迎するための唐門で、門扉には菊花紋章が付く。通常は閉門しており、特別な行事の場合のみ開門する。

具体例[編集]

大神神社の勅使殿、泉涌寺の勅使門などがある。

現在の勅使[編集]

現在では、毎年正月に東寺(教王護国寺)で執り行われる「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」[5]延暦寺の「御修法大法(みしほたいほう)」[6]正倉院の「開封の儀」のほか、皇族男子が婚約した際、一般の結納にあたり、婚約相手の家で執り行われる「納采の儀」などに、モーニングコートシルクハットで威儀を正した勅使が差遣される。また、皇族が薨去した際、一般の葬儀にあたる「斂葬の儀」などの一連の儀式には、皇室の慣例により天皇、皇后は出御せず、勅使が差遣される[7]。「国家に功労のあった者」の葬儀にも、祭粢料を下賜するために勅使が差遣される[8]

伊勢神宮勅祭社天皇陵には、衣冠束帯姿の勅使が天皇からの幣帛を携えて差遣される。明治維新直後の一時期は、洋装の大礼服を用いたが、その後は旧来の衣冠に戻されている[9]。なお、靖国神社への天皇の親拝は、1975年(昭和50年)以来行われていないものの、現在も、毎年春秋の例大祭への勅使差遣は続けられ、御幣物(ごへいもつ)と呼ばれる供物を奉納し、御祭文が奏上されている[10]

勅使には、侍従京都事務所長掌典が遣わされるのが慣習であるが、皇族が遣わされることもある。

注釈[編集]

  1. ^ 勅使”. 精選版 日本国語大辞典(コトバンク. 2021年1月19日閲覧。
  2. ^ 皇室辞典 令和版. 株式会社KADOKAWA. (2019年11月30日 2019) 
  3. ^ 公卿勅使”. 精選版 日本国語大辞典(コトバンク. 2021年1月19日閲覧。
  4. ^ 『幕末の宮廷』、下橋敬長、p50
  5. ^ “真言宗の最高儀式「後七日御修法」京都・東寺で始まる 国家安泰を祈願”. 産業経済新聞社. (2015年1月9日). https://www.sankei.com/region/news/150109/rgn1501090049-n1.html 2021年1月19日閲覧。 
  6. ^ “中日迎え天皇陛下勅使が訪問 延暦寺の最重要法要「御修法大法」 滋賀”. 産業経済新聞社. (2014年4月8日). https://www.sankei.com/region/news/140408/rgn1404080042-n1.html 2021年1月19日閲覧。 
  7. ^ “【三笠宮殿下薨去】1週間後に「斂葬の儀」 ご葬儀の流れ”. 産業経済新聞社. (2016年10月28日). https://www.sankei.com/life/news/161028/lif1610280003-n1.html 2021年1月19日閲覧。 
  8. ^ “中曽根元首相の合同葬、菅首相「改革の精神受け継ぐ」…秋篠宮同妃両殿下など各界から640人”. 読売新聞社. (2020年10月17日). https://www.sankei.com/life/news/161028/lif1610280003-n1.html 2021年1月19日閲覧。 
  9. ^ 石野浩司 (2015年). “「泉涌寺における明治期「霊明殿」の成立ー皇室祭祀と御寺泉涌寺の関係ー」”. 明治聖徳記念学会起要 復刊第52号: 228頁. 
  10. ^ 靖国創立150年、年2回の勅使派遣も…なお遠いご親拝(2019年8月15日産経新聞)

参考文献[編集]

  • 皇室辞典編集委員会編『皇室辞典 令和版』KADOKAWA、2019年

関連項目[編集]