藤原致忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原致忠
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位下右京大夫
主君 村上天皇冷泉天皇円融天皇花山天皇一条天皇
氏族 藤原南家巨勢麻呂流
父母 父:藤原元方、母:藤原賀備能の娘
兄弟 致忠陳忠由忠克忠懐忠尚忠全忠則忠元方祐姫
元明親王(または源允明)の娘
保昌、斉光、維光、保輔源満仲
テンプレートを表示

藤原 致忠(ふじわら の むねただ)は、平安時代中期の貴族藤原南家大納言藤原元方の子。官位従四位下右京大夫

経歴[編集]

村上朝にて大学寮の学生であったが、天暦2年(948年高階成忠らとともに文章生試を受験している。また、天暦年間には六位蔵人も務めた。

のち、備後守右近衛少将右京大夫右馬権頭などを歴任。永延2年(988年盗賊の首領であるとして、息子の保輔に対する追捕宣旨が出された際、父親である致忠も拘禁された。長保元年(999年)橘惟頼及びその郎等を殺害した罪で惟頼の父の橘輔政に訴えられ佐渡国に流された。薫物の名手としても知られた。

官歴[編集]

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『貞信公記』
  2. ^ 『九暦』
  3. ^ 『天延2年記』
  4. ^ 『尊卑分脈』
  5. ^ 『公卿補任』長徳2年条
  6. ^ 『小右記』

参考文献[編集]