藤原巨勢麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原巨勢麻呂
時代 奈良時代
生誕 未詳
死没 天平宝字8年9月18日764年10月17日
別名 許勢麻呂
官位 従三位参議
主君 聖武天皇孝謙天皇淳仁天皇
氏族 藤原南家武智麻呂流
父母 父:藤原武智麻呂、母:阿祢娘(小治田功麿の娘)
兄弟 豊成仲麻呂乙麻呂巨勢麻呂、南殿
山背王の娘、丹墀氏
藤原宇合の娘、藤原永手の娘
黒麻呂長川真作今河河主弓主貞嗣川合真書伊勢人瀧麿主後広河
テンプレートを表示

藤原 巨勢麻呂(ふじわら の こせまろ)は、奈良時代貴族。名は許勢麻呂とも表記される。藤原南家左大臣藤原武智麻呂の四男。官位従三位参議

経歴[編集]

天平12年(740年従五位下叙爵。天平15年(743年中宮亮に任ぜられ光明皇后に仕えると、以降天平17年(745年)従五位上、天平20年(748年正五位下天平勝宝2年(750年)正五位上、天平勝宝6年(754年従四位下と、聖武朝後半から孝謙朝にかけて順調に昇進する。

天平宝字2年(758年淳仁天皇が即位して、藤原仲麻呂(恵美押勝)の独裁体制が確立すると、仲麻呂政権の中核メンバーとして、同年従四位上、天平宝字3年(759年正四位下播磨守、天平宝字4年(760年)従三位と、急速に昇進を遂げる。天平宝字6年(762年)正月に仲麻呂の子・真先と共に参議に任ぜられる。同年11月には仲麻呂が計画した新羅征伐のため、香椎廟奉幣使となった[1]

天平宝字8年(764年藤原仲麻呂の乱で仲麻呂側に加わったため、官軍により斬殺された。一説に天平宝字7年(763年)に死去したともされる[2]

官歴[編集]

注記のないものは『続日本紀』による。

系譜[編集]

尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』天平宝字6年11月10日条
  2. ^ a b 尊卑分脈
  3. ^ 出自は不明だが、『尊卑分脈』によると川合・真書・伊勢人は同母兄弟であるとされる。

参考文献[編集]