降嫁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

降嫁(こうか)とは、皇女王女皇族王族以外の男性に嫁ぐことをいう。日本では皇族女子の内親王女王が非皇族(臣下)に嫁ぐ場合を指す。

日本[編集]

歴史[編集]

奈良時代以前[編集]

婚姻の制限の規定は、天皇の血縁的尊貴性を高めるために設けられたと考えられている[1]。古代社会の身分制おいては血統が重要視されていたため[1]、「天皇-臣下の女子」の子孫に対し、「皇族女子-臣下の男子」の子孫という、血縁的尊貴性が類似した系譜が生じることを防ぐ必要性があった[2]。第16代仁徳天皇の時代に、既に異母兄妹婚が多くみられることから、5世紀初頭までに皇親女子の婚出規制が設けられていたと考えられている[2]

内親王の結婚相手は律令の『継嗣令』では天皇もしくは四世以上の皇親に限るとされ、古代には非皇族との結婚はなかった。

また、それ以外の皇親女子の婚姻に関する規定もほぼ同じであり、当時皇親としての法的扱いの範囲外とされ、皇親女子の称号であった「女王」を名乗ることのみが許されていた「五世王」(天皇から5世の子孫)の女性と臣下の婚姻が認められるに過ぎなかった。なお、慶雲3年(706年)2月16日のによって、五世王と臣下の婚姻も禁じられている(『続日本紀』)。古代においては、内親王の身位は保持することができた[3]。このように、8世紀以前においては、6世以降の皇親女子しか臣下との婚姻が認められていなかった[4]

今江広道の研究によれば、8世紀においても3例の皇親女子と臣下の婚姻があるが、上記の規定内又はかろうじて抵触する程度の世数の皇親女子であった[5]。明らかに抵触する例としては、加豆良女王(舎人親王の娘、3世王)と藤原久須麻呂の婚姻がある[1]。これは、久須麻呂の父藤原仲麻呂の権勢によって、強引に成立させられたものと考えられている[1]。また、山背王の娘と藤原巨勢麿の婚姻も、山背王の父長屋王が失脚後、山背王が臣籍に下り「藤原弟貞」となり親仲麻呂派として仲麻呂との関係を深めるために画策されたと考えられ、その時期は天平勝宝9年以降であり、適法であると考えられている[1]

以上のことから、加豆良女王と藤原久須麻呂の婚姻を除き、規定は厳格に運用されていた[1]

平安時代[編集]

9世紀に至り、延暦12年9月1日、第50代桓武天皇によって、大臣・良家の子孫には「三世王」(天皇の曾孫)以下との婚姻が許容されるようになった[6]。特に、桓武天皇擁立に貢献があった藤原氏に対しては例外的に「二世王」(天皇の孫)との婚姻を許すことになった(『日本紀略』)。桓武天皇はもともと天智天皇系の傍系であったため、血統意識が歴代天皇より低かったため、このような大きな方針転換が可能であったと考えられている[6]

もっとも長年の伝統的観念は広く貴族社会に残り、山輪王の娘(世数不明)と藤原葛野麿の婚姻、大庭王の娘(四~六世王)と藤原冬嗣 の婚姻が行われたが、いずれも天皇からの血縁は遠く、また妾であった[7]

大きな転換点は、史上初めて天皇の皇女と臣下の婚姻例である、第52代嵯峨天皇皇女源潔姫藤原良房である。潔姫は5歳で賜姓降下しており、14歳で良房と婚姻した[7]臣籍降下は桓武朝以降行われるようになったが、女子に対して行われるようになったのは嵯峨朝以降である[8]。しかし、その後、第57代陽成天皇までに賜姓降下した女子25名中、臣下と婚姻した者は皆無であり、降下後も皇親女子同様に臣下との婚姻は困難であった[9]。潔姫の次の例は、約100年後の源順子(第59代宇多天皇皇女とされる)である[9]

同時代の文学作品である『源氏物語』においても、大宮左大臣正室、頭中将葵の上の母)、女三宮光源氏正室)、落葉の宮柏木正室、のち夕霧と再婚)、女二宮正室)などの例が見られる。

中世~近世[編集]

女院の増加や内親王宣下の減少などにより、平安後期から鎌倉室町時代にかけて、内親王の降嫁は殆ど途絶える。江戸時代に入り五摂家への降嫁が復活、また幕末には和宮親子内親王将軍徳川家茂に嫁し、唯一武家への降嫁の例となった。

なお内親王・女王は非皇族と結婚しても、本人の皇族としての身分はそのままであり、皇族を離れて嫁ぎ先の姓を名乗ることはなかった。

近現代:皇室典範の制定[編集]

1889年(明治22年)2月11日、大日本帝国憲法と同日に公布された皇室典範(いわゆる旧皇室典範)において、外国王室との婚姻を防ぐため、皇族女子の婚姻相手は皇族・華族に限定された[10]。ただし、制定に至る議論の中、西洋の「プリンセス」が婚姻後も身位や称号を維持できることと比し、降嫁によって内親王・女王の身位を喪失することが不当であるとの主張もあり、特旨によりその身位を保持する余地が残された[3]。1920年(大正9年)4月に、王族李垠と婚姻した梨本宮家の方子女王が、大正天皇の「御沙汰」によって、婚姻後も女王の身位を保持している[11]

この旧皇室典範下においては、「内親王の降嫁」事例は存在しなかった[注釈 1]。女王は多くが、華族の当主または継嗣との婚姻を行った。

1947年(昭和22年)5月3日、日本国憲法と同日に施行された皇室典範により、皇族女子は皇族男子以外と婚姻した場合は、例外なく皇室を離れることとされ、身位保持の余地もなくなった。孝宮和子内親王鷹司平通と婚姻することで、文久2年(1862年)の和宮降嫁以来89年ぶりの「内親王の降嫁」事例が発生した。鷹司家は、五摂家の旧公爵家であったが、華族制度廃止により「平民」となっていた。その妹清宮貴子内親王においては華族出身ではあったが継嗣ではない(佐土原藩主家の次男である)島津久永と婚姻、より狭義の「平民」に相当する人物と内親王との初の婚姻事例となる。

その後三笠宮家出身の容子内親王が初めて、皇族・華族の血を直接引かない広義の平民出身者である千宗室[注釈 2]と婚姻、紀宮清子内親王が同様に天皇の皇女としては初めて旧華族ではない平民出身者である黒田慶樹と婚姻している。

皇室典範における規定[編集]

現行[編集]

皇室典範第十二条
皇族女子は、天皇及び皇族以外の者と婚姻したときは、皇族の身分を離れる。

[編集]

※引用註:()内は現代かな遣い・新字体に改め、句読点を補ったもの
(旧)皇室典範第四十四條
皇族女子ノ臣籍ニ嫁シタル者ハ皇族ノ列ニ在ラス但シ特旨ニ依リ仍內親王女王ノ稱ヲ有セシムルコトアルヘシ
(皇族女子の臣籍に嫁したる者は、皇族の列に在らず。但し、特旨に依り、なお内親王・女王の称を有せしむることあるべし)

非皇族に降嫁した皇族女子[編集]

皇女の降嫁の初例としてよく挙げられるのは、嵯峨天皇皇女源潔姫藤原良房の婚姻であるが、潔姫の場合は結婚前に既に姓を賜り臣籍に下っており[注釈 3]、内親王と臣下が結婚した初例は醍醐天皇皇女勤子内親王藤原師輔である。ただしこの時は父天皇の許可を得ていなかった[注釈 4]と見られ、天皇により内親王の降嫁が裁可されたのは、三条天皇皇女禔子内親王の例が最初とされる。

古代~中世[編集]

近世[編集]

近現代[編集]

名前 降嫁後 続柄 日付 事由
あきこ/安喜子女王(あきこ) いけだ/池田安喜子 くに/久邇宮朝彦親王第3王女 1890年(明治23年)12月24日 池田侯爵家継嗣の池田詮政と婚姻[12]
あやこ/絢子女王(あやこ) たけのうち/竹内絢子 くに/久邇宮朝彦親王第5王女 1892年(明治25年)12月26日 竹内子爵家当主の竹内惟忠と婚姻[13]
もとこ/素子女王(もとこ) せんごく/仙石素子 くに/久邇宮朝彦親王第6王女 1893年(明治26年)11月15日 仙石子爵家継嗣の仙石政敬と婚姻[14]
さかこ/栄子女王(さかこ) ひがしぞの/東園栄子 くに/久邇宮朝彦親王第2王女 1899年(明治32年)9月26日 東園子爵家当主の東園基愛と婚姻[15]
さちこ/禎子女王(さちこ) やまうち/山内禎子 ふしみ/伏見宮貞愛親王第1王女 1901年(明治34年)04月6日 山内侯爵家当主の山内豊景と婚姻[16]
あつこ/純子女王(あつこ) おだ/織田純子 くに/久邇宮朝彦親王第9王女 1901年(明治34年)11月27日 織田子爵家当主の織田秀実と婚姻[17]
さだこ/貞子女王(さだこ) ありま/有馬貞子 きたしらかわ/北白川宮能久親王第2王女 1903年(明治36年)2月6日 有馬伯爵家継嗣の有馬頼寧と婚姻[18]
みつこ/滿子女王(みつこ) かんろじ/甘露寺滿子 きたしらかわ/北白川宮能久親王第1王女 1904年(明治37年)11月14日 甘露寺伯爵家継嗣の甘露寺受長と婚姻[19]
すずこ/篶子女王(すずこ) みぶ/壬生篶子 くに/久邇宮朝彦親王第8王女 1906年(明治39年)10月28日 壬生伯爵家当主の壬生基義と婚姻[20]
みえこ/實枝子女王(みえこ) とくがわ/徳川實枝子 ありすがわ/有栖川宮威仁親王第2王女 1908年(明治41年)11月8日 徳川公爵家(慶喜家)継嗣の徳川慶久と婚姻[21]
たけこ/武子女王(たけこ) ほしな/保科武子 きたしらかわ/北白川宮能久親王第3王女 1911年(明治44年)4月17日 保科子爵家当主の保科正昭と婚姻[22]
しげこ/茂子女王(しげこ) くろだ/黒田茂子 かんいん/閑院宮載仁親王第2王女 1914年(大正3年)1月21日 黒田侯爵家継嗣の黒田長礼と婚姻[23]
ゆきこ/由紀子女王(ゆきこ) まちじり/町尻由紀子 かや/賀陽宮邦憲王第1王女 1915年(大正4年)4月30日 町尻子爵家養継嗣の町尻量基と婚姻[24]
ひろこ/擴子女王(ひろこ) ふたら/二荒擴子 きたしらかわ/北白川宮能久親王第5王女 1915年(大正4年)7月20日 二荒伯爵家当主の二荒芳徳と婚姻[25]
ゆきこ/恭子女王(ゆきこ) あんどう/安藤恭子 かんいん/閑院宮載仁親王第1王女 1915年(大正4年)9月3日 安藤子爵家当主の安藤信昭と婚姻[26]
やすこ/恭子女王(やすこ) あさの/浅野恭子 伏見宮博恭王第1王女 1918年(大正7年)5月29日 浅野侯爵家継嗣浅野長之の長男の浅野長武と婚姻[27]
まさこ/方子女王(まさこ) い/李方子 なしもと/梨本宮守正王第1王女 1920年(大正9年)04月28日 李王世子の李垠と婚姻[28]
ただし、大正天皇御沙汰によって、女王の身位を保持した[11]
やすこ/安子女王(やすこ) あさの/浅野安子 やましな/山階宮菊麿王第1王女 1920年(大正9年)11月9日 浅野侯爵家継嗣浅野長之の長男の浅野長武と婚姻[29]
さとこ/智子女王(さとこ) おおたに/大谷智子 くに/久邇宮邦彦王第3王女 1924年(大正13年)05月3日 大谷伯爵家継嗣の大谷光暢と婚姻[30]
のぶこ/信子女王(のぶこ) さんじょうにし/三条西信子 くに/久邇宮邦彦王第2王女 1924年(大正13年)12月9日 三条西伯爵家継嗣の三条西公正と婚姻[31]
あつこ/敦子女王(あつこ) きよす/清棲敦子 ふしみ/伏見宮博恭王第2王女 1926年(大正15年)10月27日 清棲伯爵家当主の清棲幸保と婚姻[32]
のりこ/規子女王(のりこ) ひろはし/広橋規子 なしもと/梨本宮守正王第2王女 1926年(大正15年)12月02日 広橋伯爵家当主の広橋真光と婚姻[33]
はなこ/華子女王(はなこ) かちょう/華頂華子 かんいん/閑院宮載仁親王第5王女 1926年(大正15年)12月13日 華頂侯爵家当主の華頂博信と婚姻[34]
きくこ/紀久子女王(きくこ) なべしま/鍋島紀久子 あさか/朝香宮鳩彦王第1王女 1931年(昭和6年)5月12日 鍋島侯爵家継嗣の鍋島直泰と婚姻[35]
みねこ/美年子女王(みねこ) たちばな/立花美年子 きたしらかわ/北白川宮成久王第1王女 1933年(昭和8年)1月17日 立花子爵家継嗣の立花種勝と婚姻[36]
あやこ/禮子女王(あやこ) さの/佐野禮子 たけだ/竹田宮恒久王第1王女 1934年(昭和9年)3月26日 新華族佐野伯爵家継嗣の佐野常光と婚姻[37]
さわこ/佐和子女王(さわこ) ひがしその/東園佐和子 きたしらかわ/北白川宮成久王第2王女 1935年(昭和10年)1月7日 東園子爵家当主の東園基文と婚姻[38]
くにこ/恭仁子女王(くにこ) にじょう/二条恭仁子 たかおう/多嘉王第3王女 1939年(昭和14年)4月2日 二条公爵家当主の二条弼基と婚姻[39]
たえこ/多惠子女王(たえこ) とくがわ/徳川多恵子 きたしらかわ/北白川宮成久王第3王女 1941年(昭和16年)04月14日 徳川公爵家(水戸家)当主徳川圀順二男の徳川圀禎と婚姻[40]
きよこ/湛子女王(きよこ) おぎゅう/大給湛子 あさか/朝香宮鳩彦王第2王女 1941年(昭和16年)11月7日 大給伯爵家当主の大給義龍と婚姻[41]
みちこ/美智子女王(みちこ) とくだいじ/徳大寺美智子 かや/賀陽宮恒憲王第1王女 1943年(昭和18年)12月29日 徳大寺公爵家当主徳大寺実厚二男の徳大寺斉定と婚姻[42]
まさこ/正子女王(まさこ) たつた/龍田正子 くに/久邇宮朝融王第1王女 1945年(昭和20年)4月22日 龍田伯爵家当主の龍田徳彦と婚姻[43]
たかのみや かずこ/孝宮和子内親王
(たかのみや かずこ)
たかつかさ/鷹司和子 /124th_昭和天皇第3皇女 1950年(昭和25年)5月20日 鷹司旧公爵家継嗣の鷹司平通と婚姻[44]
よりのみや あつこ/順宮厚子内親王
(よりのみや あつこ)
いけだ/池田厚子 /124th_昭和天皇第4皇女 1952年(昭和27年)10月10日 池田旧侯爵家継嗣の池田隆政と婚姻
すがのみや たかこ/清宮貴子内親王
(すがのみや たかこ)
しまづ/島津貴子 /124th_昭和天皇第5皇女 1960年(昭和35年)3月10日 島津旧伯爵家島津久範の次男島津久永と婚姻
やすこ/甯子内親王 (やすこ) このえ/近衛甯子 みかさ/三笠宮崇仁親王第1王女 1966年(昭和41年)12月18日 近衛旧公爵家当主の近衛護煇と婚姻
まさこ/容子内親王 (まさこ) せん/千容子 みかさ/三笠宮崇仁親王第2王女 1983年(昭和58年)10月14日 裏千家若宗匠の千宗之と婚姻
のりのみや さやこ/紀宮清子内親王
(のりのみや さやこ)
くろだ/黒田清子 /125th_上皇明仁第1皇女 2005年(平成17年)11月15日 黒田慶樹と婚姻
のりこ/典子女王 (のりこ) せんげ/千家典子 たかまど/高円宮憲仁親王第2王女 2014年(平成26年)10月5日 千家旧男爵家継嗣の千家国麿と婚姻[45]
あやこ/絢子女王 (あやこ) もりや/守谷絢子 たかまど/高円宮憲仁親王第3王女 2018年(平成30年)10月29日 守谷慧と婚姻
まこ/眞子内親王 (まこ) こむろ/小室眞子 あきしの/秋篠宮文仁親王第1王女 2021年(令和3年)10月26日 小室圭と婚姻

東アジア[編集]

  • ウィクショナリーには、en:下嫁の項目があります。
  • ウィクショナリーには、강가の項目があります。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 第122代明治天皇の皇女のうち成人した4名全員が皇族男子と婚姻。第123代大正天皇には皇女なし。第124代昭和天皇の第1皇女照宮成子内親王は皇族男子と婚姻。第3皇女以下は、現皇室典範下で婚姻。
  2. ^ ただし、江戸期から続く裏千家の家元である。
  3. ^ もっとも、勤子内親王と藤原師輔の婚姻以前に臣籍降下した皇女が臣下への降嫁した事例は源潔姫と藤原良房及び源順子藤原忠平の例しか存在しておらず、ともに当時としては破格の待遇であった。
  4. ^ 勤子内親王と藤原師輔の婚姻成立時期は不明であるが、延長8年(930年)に醍醐天皇が没しており、それ以後であった可能性がある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 栗原 2002 p.14
  2. ^ a b 栗原 2002 p.15
  3. ^ a b 山田 2018 p.21
  4. ^ 栗原 2002 p.13
  5. ^ 栗原 2002 p.13-14
  6. ^ a b 栗原 2002 p.16
  7. ^ a b 栗原 2002 p.17
  8. ^ 栗原 2002 p.18-19
  9. ^ a b 栗原 2002 p.19
  10. ^ 新城 2015, p.78
  11. ^ a b 『官報』第2320号「宮廷録事」、大正9年4月29日(NDLJP:2954433/5
  12. ^ 『官報』第2249号、明治23年12月25日
  13. ^ 『官報』第2851号、明治25年12月27日
  14. ^ 『官報』第3116号、明治26年11月16日
  15. ^ 『官報』第4873号、明治32年9月27日
  16. ^ 『官報』号外、明治34年4月6日
  17. ^ 『官報』号外、明治34年11月27日
  18. ^ 『官報』号外、明治36年2月6日
  19. ^ 『官報』号外、明治37年11月14日
  20. ^ 『官報』号外、明治39年10月28日
  21. ^ 『官報』号外、明治41年11月8日
  22. ^ 『官報』号外、明治44年4月17日
  23. ^ 『官報』第443号、大正3年1月22日
  24. ^ 『官報』第822号、大正4年5月1日
  25. ^ 『官報』第891号、大正4年7月21日
  26. ^ 『官報』第928号、大正4年9月4日
  27. ^ 『官報』第1746号、大正7年5月30日
  28. ^ 大正9年宮内省告示第11号(『官報』第2320号、大正9年4月29日)(NDLJP:2954433/2
  29. ^ 『官報』第2483号、大正9年11月10日
  30. ^ 『官報』第3507号、大正13年5月5日
  31. ^ 『官報』第3691号、大正13年12月10日
  32. ^ 『官報』第4254号、大正15年10月28日
  33. ^ 『官報』第4284号、大正15年12月3日
  34. ^ 『官報』第4293号、大正15年12月14日
  35. ^ 『官報』第1308号、昭和6年5月13日
  36. ^ 『官報』第1813号、昭和8年1月18日
  37. ^ 『官報』第2168号、昭和9年3月27日
  38. ^ 『官報』第2402号、昭和10年1月8日
  39. ^ 『官報』第3672号、昭和14年4月5日
  40. ^ 『官報』第4279号、昭和16年4月15日
  41. ^ 『官報』第4451号、昭和16年11月8日
  42. ^ 『官報』第5090号、昭和19年1月4日
  43. ^ 『官報』第5480号、昭和20年4月24日
  44. ^ 『官報』第7004号、昭和25年5月20日「和子内親王殿下が皇族の身分を離れられる件(昭和25年宮内庁告示第4号)」
  45. ^ 『官報』特別号外 第19号、平成26年10月5日

参考文献[編集]

  • 栗原弘「皇親女子と臣下の婚姻史 -藤原良房と潔姫の結婚の意義の理解のために-」『名古屋文理大学紀要』第2号、名古屋文理大学、2002年、 13-21頁、 NAID 110004706496
  • 新城道彦 『朝鮮王公族』中央公論社中公新書〉、2015年3月。ISBN 978-4121023094 
  • 山田敏之「旧皇室典範における男系男子による皇位継承制と永世皇族制の確立」『レファレンス』第808号、国立国会図書館、2018年5月20日、 1-23頁。NDLJP:11095235
  • 栗原弘「藤原良房と源潔姫の結婚の意義」(『平安前期の家族と親族』(校倉書房、2008年) ISBN 978-4-7517-3940-2 第二部第三章)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]