保子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

保子内親王(やすこないしんのう、天暦3年(949年) - 永延元年8月21日987年9月16日[1])は平安時代中期の皇族村上天皇の第三皇女[1]。母は更衣藤原正妃藤原在衡の娘)[1]女三宮と呼ばれる[2]

生涯[編集]

天暦10年(956年)11月5日、父・村上天皇と対面[3]応和2年(962年内裏にて裳着[1]藤原兼家に嫁ぐが年の差などもあり子女はなかった。永延元年(987年)8月に歿した。享年39。を弾くのに秀でたという[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 日本紀略
  2. ^ a b 栄花物語
  3. ^ 九暦』天暦10年11月5日条