勤子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勤子内親王(きんし/いそこないしんのう、延喜4年(904年) - 天慶元年11月5日938年11月29日))は、平安時代中期の皇族。醍醐天皇の第5皇女。四品。母は更衣源周子。女四の宮と称される。源順に『和名類聚抄』の編纂を命じた。

経歴[編集]

延喜8年(908年)内親王宣下。『和名類聚抄』の序文によれば、「淑姿花の如き」美しさであった。7歳の時、初めて父・醍醐天皇に謁し、父帝より鍾愛されての教授を受け、筝譜を相承された。承平6年(936年)、四品に叙位。承平年間(931年 - 938年)に、外戚の源順[1]に『和名類聚抄』の編纂をさせた。藤原師輔と結婚したが、天慶元年(938年)に35歳で没。師輔との間に子女はなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 母方の縁戚である源定系の嵯峨源氏。母の源周子の父・源唱と、源順の祖父・源至が兄弟。はとこ

参考文献[編集]

  • 芳賀登他監修 『日本女性人名辞典』 日本図書センター、1993年。