御名部皇女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

御名部皇女(みなべのひめみこ、斉明天皇6年(660年)? - ?)は、飛鳥時代の皇族。天智天皇の皇女で、母は蘇我倉山田石川麻呂の娘、姪娘元明天皇の同母姉。大宝律令施行後は御名部内親王とも記述される。高市皇子の正妃となり、長屋王を生む。

没年は未詳であるが、息子・長屋王が神亀5年(728年)に奉納したと言われる長屋王願経神亀経)の釈文(写経の目的は父母の菩提を弔う、とする)から、この年以前には死去したものと考えられる。

中継ぎとして即位した妹・元明天皇を激励する歌が『万葉集』にある。

御名部皇女に関する歌[編集]

  • 和銅元年 元明天皇の御製
    • 大夫(ますらを)の鞆(とも)の音すなり物部(もののふ)の 大臣(おほまへつきみ)楯立つらしも [万葉集 巻1-76]
  • 御名部皇女の和(こた)へ奉れる御歌
    • 吾が大君ものな思ほし皇神の 継ぎて賜へる我なけなくに [万葉集 巻1-77]

血縁[編集]

関連項目[編集]