懌子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

懌子内親王(えきしないしんのう、弘長2年(1262年) - 永仁2年11月25日1294年12月13日))は、鎌倉時代皇族女院後嵯峨天皇の第6皇女。母は掌侍・藤原博子(勾当内侍)。院号五条院。同母兄に覚助法親王、異母兄に後深草天皇亀山天皇

文永9年(1272年)、父・後嵯峨上皇崩御正応2年(1289年)12月7日、26歳で内親王宣下を受け、同月10日准三后女院となる。

永仁2年(1294年)崩御。享年33。

亀山天皇の後宮に入り、皇女を産んだ。なお『増鏡』では、懌子内親王の美しさに目を留めた亀山院が密かに関係を結び、生まれた皇女は母の素性を秘して院の乳母の下へ預けられたとしている。

参考文献[編集]