順子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
順子内親王
続柄 孝明天皇第一皇女

身位 内親王
出生 1850年12月7日
死去 (1852-08-02) 1852年8月2日(1歳没)
父親 孝明天皇
母親 英照皇太后
テンプレートを表示

順子内親王(よりこないしんのう、1850年12月7日嘉永3年11月4日〉 - 1852年8月2日〈嘉永5年6月17日[1])は、日本皇族孝明天皇の第一皇女。母は英照皇太后明治天皇の異母姉にあたる。

経歴[編集]

1850年12月7日(嘉永3年11月4日)、孝明天皇と英照皇太后の間に第一皇女として生まれる。孝明天皇にとって初子であった。

1852年8月2日(嘉永5年6月17日)、薨去。普明照院と追号された。

脚注[編集]

  1. ^ 本朝皇胤紹運録」(『群書類従. 第四輯』(経済雑誌社、1898年)p.111)