諦子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
諦子内親王
続柄 順徳天皇皇女
称号 明義門院
全名 諦子(ていし)
身位 内親王准三宮
出生 建保5年3月22日1217年4月29日
死去 寛元元年3月29日1243年4月19日)(享年27)
父親 順徳天皇
母親 九条立子
テンプレートを表示

諦子内親王(ていしないしんのう、建保5年3月22日1217年4月29日) - 寛元元年3月29日1243年4月19日))は、鎌倉時代皇族女院順徳天皇の皇女で、母は九条立子(東一条院)。仲恭天皇の同母姉。女院号は明義門院(めいぎもんいん)。

生涯[編集]

建保7年(1219年1月23日内親王宣下を受ける[1][2]嘉禎2年(1236年12月7日准三宮宣下を受け、同月21日に院号宣下を受ける[1][2]。寛元元年(1243年)に27歳で死去した[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『天皇皇族歴史伝説大事典』
  2. ^ a b c 『日本女性人名辞典』

参考文献[編集]

  • 芳賀登 他編『日本女性人名辞典』(日本図書センター、1993年) ISBN 978-4-8205-7128-5 P1032.
  • 志村有弘 編『天皇皇族歴史伝説大事典』(勉誠出版、2008年) ISBN 978-4-585-06063-5 (谷山俊英「順徳天皇」) P543.