妍子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

妍子内親王(けんし(きよこ/よしこ)ないしんのう、生年不詳 - 応保元年10月3日1161年10月23日))は、平安時代後期の皇族鳥羽天皇皇女。母は三条局(藤原家政)。近衛天皇朝の伊勢斎宮吉田斎宮と号した。

永治2年(1142年)2月26日、近衛天皇即位に伴い斎宮に卜定、同日内親王宣下康治2年(1143年)2月22日、大膳職初斎院入り、同年9月27日野宮へ遷る。天養元年(1144年)9月8日、伊勢群行長奉送使権中納言藤原公能)。久安6年(1150年)4月9日、病により退下、同年7月26日帰京。その後出家、応保元年(1161年)10月3日薨去

発心集』に、臨終の際一度蘇生してその後息を引き取ったという話がある。

参考文献[編集]