守子女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
守子女王
続柄 輔仁親王王女

称号 伏見斎宮
出生 天永2年(1111年
死去 保元元年3月29日1156年4月20日)(享年46)
父親 輔仁親王
母親 源師忠
役職 伊勢斎宮
テンプレートを表示

守子女王(しゅし(もりこ)じょおう、天永2年(1111年) - 保元元年3月29日1156年4月20日))は、平安時代後期の皇族伊勢斎宮。父は輔仁親王後三条天皇の第3皇子)で、母は源師忠源有仁の同母妹。伏見斎宮と号された。

経歴[編集]

保安4年6月9日1123年7月3日)伊勢斎宮に卜定天治元年4月23日1124年6月7日)に初斎院に入り、同年9月27日1124年11月4日)、野宮入り。天治2年9月14日1125年10月12日)、伊勢群行。在任18年の後、永治元年12月7日1142年1月5日)、崇徳天皇譲位のため退下。康治元年8月14日1142年9月5日)帰京。保元元年(1156年)3月29日、46歳で薨去した。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]