繁子内親王 (光孝天皇皇女)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

繁子内親王(はんしないしんのう、生年不詳 - 延喜16年5月26日916年6月29日))は、平安時代前期の皇族光孝天皇第4皇女伊勢斎宮

父である光孝天皇の即位にともない、元慶8年(884年)3月22日に斎宮に卜定。同年4月9日に内親王宣下、8月13日に雅楽寮初斎院入り。仁和元年(885年)9月18日、野宮へ入る。同2年(886年)9月25日、伊勢へ群行(長奉送使中納言藤原山蔭以下4名)。同3年(887年)10月11日、光孝天皇の崩御により退下。延喜16年(916年)5月26日、三品で没。

日本三代実録』によれば伊勢下向の際に更衣滋野直子が随行しており、このことから彼女が繁子内親王の生母であったとする説がある。

参考文献[編集]