宜子女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宜子女王(ぎし/よしこじょおう、生没年不詳)は、平安時代前期の皇族式部卿宮仲野親王の王女(桓武天皇の孫)。母は菅野氏。異母妹に班子女王宇多天皇母)がいる。淳和天皇朝の伊勢斎宮

天長5年(828年)2月12日、前年の氏子内親王の退下を受けて、斎宮に卜定され、同7年(830年)8月27日、賀茂川御禊、同年9月6日、伊勢へ群行した。同10年(833年)2月28日、淳和天皇の譲位により在任5年で退下。以後の消息は不明。