雅子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雅子内親王

続柄 醍醐天皇第10皇女
称号 西四条斎宮
全名 雅子(がし)
身位 四品・内親王
出生 延喜10年(910年
死去 天暦8年8月29日954年9月28日)(享年45)
配偶者 藤原師輔
子女 藤原高光藤原為光尋禅愛宮
父親 醍醐天皇
母親 源周子
役職 伊勢斎宮
テンプレートを表示

雅子内親王(がしないしんのう、910年延喜10年〉- 954年9月28日天暦8年8月29日〉)は、日本皇族。第60代天皇醍醐天皇第10皇女。別称:西四条斎宮(にししじょうさいくう)。

母は更衣源周子伊勢斎宮、のち藤原師輔室。同母兄弟に源高明時明親王盛明親王、同母姉妹に勤子内親王郁子内親王都子内親王とも)、源兼子がいる。子女は藤原高光藤原為光尋禅愛宮

略歴[編集]

延喜11年(911年内親王宣下四品に叙される。延喜20年(920年)、源氏に賜姓されている。承平元年(932年)12月25日、斎宮に卜定される(賀茂斎院婉子内親王も同日卜定)。卜定以前に内親王に復されているようだが、史料には見られない。承平2年(933年)6月10日、宮内省初斎院入りし、9月28日に野宮に入る。承平3年(934年)9月26日、伊勢へ下向。承平6年(936年)3月7日、母・周子の死去により退下、5月3日に帰京。

天慶2年(939年)ごろ、藤原師輔と結婚した。3男1女をもうけ、また冷泉天皇の養母となる。天暦8年(954年)8月29日死去。享年45。

斎宮卜定前に藤原敦忠と恋仲であったと言われ、『敦忠集』に2人の情熱的な贈答歌が多く残されている。しかし『大和物語』によれば結婚が決まった矢先に雅子内親王は斎宮に卜定され、2人の恋は実らなかったという。斎宮退下の後は敦忠の従兄弟で同母姉・勤子内親王の夫でもある師輔と結婚、前斎宮の内親王が降嫁した唯一の例となった。