源師忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源 師忠
時代 平安時代後期
生誕 天喜2年(1054年
死没 永久2年9月25日1114年10月25日
別名 壬生大納言沢大納言
官位 正二位大納言
主君 後三条天皇白河天皇堀河天皇鳥羽天皇
氏族 村上源氏
父母 父:源師房、母:藤原頼宗の娘
兄弟 俊房顕房仁覚師忠実覚妧子澄子麗子藤原宗実室、藤原師実
橘俊綱の娘、源俊長の娘
藤原良綱の娘、源政長の娘
師親師隆師長寛遍
テンプレートを表示

源 師忠(みなもと の もろただ)は、平安時代後期の公卿村上源氏右大臣源師房の四男。官位正二位大納言壬生大納言または沢大納言と号した。

経歴[編集]

後冷泉朝康平7年(1064年元服し、従五位下侍従に叙任される。治暦2年(1066年)従五位上・左近衛少将、治暦3年(1067年正五位下・左近衛中将、治暦4年(1068年)には1年で3回昇叙されて正四位下と近衛次将を務めながら順調に昇進した。

延久元年(1069年)貞仁親王が春宮に立てられると師忠は春宮権亮に任ぜられ、延久4年(1072年)親王が践祚白河天皇)すると、師忠は蔵人頭に補せられる。承保元年(1074年参議に任ぜられ公卿に列すが、引き続き近衛中将を兼帯し、この間の承保2年(1075年従三位次いで正三位、承保3年(1076年従二位と昇叙された。

その後、承暦4年(1080年権中納言永保元年(1081年正二位応徳3年(1086年権大納言と叙任され、康和2年(1100年)大納言に至る。嘉承元年(1106年)大納言を辞して政界を退いた。

永久2年(1114年) 9月25日または29日に薨去享年61。最終官位は前大納言正二位。

歌人であり、『新古今和歌集』以下の勅撰和歌集に3首が入首。また和琴にも秀でていた。

官歴[編集]

公卿補任』による。

系譜[編集]

注記のないものは『尊卑分脈』による。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『近衛府補任』
  2. ^ 『水左記』
  3. ^ 12月に源俊明が兼按察使(『公卿補任』)
  4. ^ 『中右記』
  5. ^ 『尊卑分脈』
  6. ^ 『公卿補任』
  7. ^ 生没年は『中右記』天永2年11月7日条による。
  8. ^ 『中右記』康和4年1月10日条
  9. ^ 今鏡』305段

参考文献[編集]