晏子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
晏子内親王

続柄 文徳天皇第一皇女
全名 晏子(あんし/やすこ)
身位 内親王
出生 不明
死去 昌泰3年7月20日900年8月29日
父親 文徳天皇
母親 藤原列子
役職 伊勢斎宮
テンプレートを表示

晏子内親王(あんし(やすこ)ないしんのう、生年未詳 - 昌泰3年7月20日900年8月29日))は、平安時代初期から中期にかけての皇族伊勢斎宮文徳天皇の第1皇女。母は藤原列子従四位上藤原是雄)。同母妹に慧子内親王賀茂斎院)がいる。

嘉祥3年(850年)7月9日、父・文徳天皇の即位により斎宮に卜定される(妹・慧子内親王も同時に斎院卜定)。仁寿元年(851年)8月26日、野宮に入り、翌2年(852年)9月7日、伊勢へ群行(長奉送使は中納言安倍安仁右中弁橘海雄)。天安2年(858年)8月27日、文徳天皇の崩御により在任7年で退下。昌泰3年(900年)7月20日薨去