宣子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宣子内親王
続柄 醍醐天皇第18皇女
全名 宣子(せんし)
出生 延喜2年(902年
死去 延喜20年閏6月9日920年7月26日)(享年19)
父親 醍醐天皇
母親 源封子
役職 賀茂斎院
テンプレートを表示

宣子内親王(せんしないしんのう、延喜2年(902年) - 延喜20年閏6月9日920年7月26日))は、平安時代中期の皇族。第60代醍醐天皇の第18皇女。母は更衣源封子源旧鑑)。朱雀天皇村上天皇らの異母姉で、同母弟妹に克明親王三品兵部卿)、靖子内親王(大納言藤原師氏)がいた。醍醐天皇朝賀茂斎院

延喜3年(903年内親王宣下を受ける。延喜15年(915年)7月19日、14歳で斎院に卜定。延喜20年(920年)6月8日、病により退下。同年閏6月9日、19歳で死去した。