浄庭女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浄庭女王
続柄 神王王女

出生 不明
死去 延暦10年(791年)4月27日以降
父親 神王
母親 弥努摩内親王
役職 伊勢斎宮
テンプレートを表示

浄庭女王(きよにわじょおう、生没年不詳)は、平安時代初期の皇族右大臣神王天智天皇曾孫)の王女。母は美努摩内親王光仁天皇皇女)。光仁天皇朝の伊勢斎宮

宝亀6年(775年)4月29日、酒人内親王の退下をうけて斎宮に卜定天応元年(781年)、光仁天皇の譲位崩御により退下したと見られる。延暦10年(791年)4月27日、従五位下叙爵。その後の消息は不明。

参考文献[編集]