円方女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

円方女王(まどかたじょおう/まどかたのおおきみ、生年不詳 - 宝亀5年12月22日775年1月27日))は、奈良時代皇族伊勢斎宮天武天皇の曾孫。

父は長屋王。母は智努女王とも藤原長娥子とも言われる。元明天皇の治世に斎宮となり、元明天皇譲位により退下したと言われる[1]

神亀6年(729年)の長屋王の変で父長屋王が自殺したとき、円方女王は命を助けられた。天平9年(737年)、従五位下から従四位上に昇叙。天平宝字7年(763年)1月、従四位上から正四位上に昇叙。天平宝字8年(764年)10月、従三位に昇叙。この年、法隆寺白銅鏡一面を献納[2]神護景雲2年(768年)1月、正三位に昇叙。宝亀5年(774年)12月22日に薨去。

万葉集』に1首の歌を残す。

  • 夕霧に千鳥の鳴きし佐保路をば荒しやしてむ見るよしをなみ(20-4477)[3]

脚注[編集]

  1. ^ 一代要記』元明天皇項によると、田方(田形)内親王多貴(多紀)内親王が各一度参入(伊勢参詣)し、次に智努女王、次に円方女王が各一度参入したとある。
  2. ^ 『法隆寺伽藍縁起并流記資財帳』に「円方王」として名前が見える。
  3. ^ この歌には「智努女王の卒し後、円方女王の悲しび傷みて作る歌一首」という詞書があり、智努女王(円方女王の母とも姉とも言われる)と親密な関係にあったと考えられている。

参考文献[編集]

  • 平野邦雄・瀬野精一郎編『日本古代中世人名辞典』吉川弘文館、2006年。
  • 金子幸子ほか編『日本女性史大辞典』吉川弘文館、2007年。