氏子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

氏子内親王(じしないしんのう、生年不詳 - 仁和元年4月2日885年5月19日))は、平安時代前期の皇族淳和天皇の第1皇女で、母は贈皇后高志内親王桓武天皇皇女)。同母兄弟に恒世親王有子内親王貞子内親王がいた。伊勢斎宮

父・淳和天皇の即位にともない、弘仁14年(823年)6月3日に斎宮に卜定され、翌天長元年(824年)8月14日、野宮入り。天長2年(825年)9月、伊勢へ群行したが、同4年(827年)2月26日、病により退下。仁和元年(885年)4月2日、無品のまま死去した。享年は80歳前後であった。

参考文献[編集]